REPORT 地元で未発掘なクリエイターを発掘する。 クリエイティブカンパニー“GYOKU”のお披露目パーティをレポート

2019年07月16日
gyoku_all 2019年6月29日、株式会社GYOKUのオフィスオープンを記念したパーティが開かれ、県内外のクリエイティブな職業の方々が一堂に会しました。JOB ANTENNA PICKSでは、パーティおよびトークイベントの様子を一部お届けします。  

可能性を広げる、デザインを生み出す、株式会社GYOKU

沖縄には、自分で何でも出来てしまう“たたき上げのデザイナー”がたくさんいます。地元で未発掘な才能あるクリエイターを集めたいという想いから誕生した、株式会社GYOKUのオープニングパーティに参加しました。そんなデザイン会社である「株式会社GYOKU(以下、GYOKU)」は、2019年に設立されたばかりの新しい会社です。 01_gyoku%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0_job-antenna%e6%a7%98 拠点を置くのは、商工業の発展が盛んなエリア、糸満市の工業団地。 まずはじめに、GYOKU代表取締役の久田友太さんにお話を伺いました。  02_gyoku%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0_job-antenna%e6%a7%98 ともにトークに臨むのは、株式会社PARTYの中村洋基さん。GYOKU設立に大きな影響を与えたキーパーソンです。 03_gyoku%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0_job-antenna%e6%a7%98 「GYOKUは、バナーや動画作成にとどまらず、分析、プランニング、ブランディングまで手がける、『沖縄の可能性を広げる会社』を目指しています。」   04_gyoku%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0_job-antenna%e6%a7%98 久田さんからは、県外からのUターンが多い中で、どのように人材を確保し、どんな仕事をしていくかというこれからの課題が語られました。 05_gyoku%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0_job-antenna%e6%a7%98 「沖縄を代表する」の目標に対しては、パーティ参加者から「目指せ上場!」のエールが送られる場面も。 gyoku_b 第一部のトークの概要は、こちらのグラフィックにてご覧いただけます。 07_gyoku%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0_job-antenna%e6%a7%98  

日本を代表するトップクリエイターが集結するクロストーク

第2部では、GYOKU代表取締役の久田さんにゆかりのあるクリエイターが集結してのクロストークが開催されました。 登壇者は、第一部に引き続きPARTYの中村洋基さん。YouTubeなどで流れている、「マッハバイト」の6秒動画などを担当されています。 08_gyoku%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0_job-antenna%e6%a7%98 メルカリが上場した際の新聞広告や、成田空港第三ターミナルビルなどのデザインを手がけた、PARTYの伊藤直樹さん。 09_gyoku%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0_job-antenna%e6%a7%98 角川文庫のマスコットキャラクターである「発見くん」、テレビ番組の「7Rules」を担当されている電通デジタルの山田恭子さん。2018年の「終わりの一行」キャンペーンを覚えておられる方も多いのではないでしょうか。 10_gyoku%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0_job-antenna%e6%a7%98 登壇された方のクリエイティブは、どれも「あっ、見たことある!」というものばかり。 11_gyoku%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0_job-antenna%e6%a7%98 ここでしか聞けない制作の苦労話に、参加者の姿勢もつい前のめりになりっぱなしの1時間でした。  

交流会にも、クリエイティブが盛りだくさん

トークと並行してパーティを盛り上げたのは、鳥の丸焼きが大人気の「ブエノチキン」、自家製ハムとソーセージのお店「TESIO」、「ヤソウカフェ」、「菓子オオムラ」など、こだわりのお店の食事たち。 12_gyoku%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0_job-antenna%e6%a7%98 テーブルのレイアウトには、それぞれのお店のこだわりが光ります。 13_gyoku%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0_job-antenna%e6%a7%98 乾杯には「コザ麦酒工房」のビールが振る舞われ、美味しいものを片手に、参加者同士の話も弾みました。gyokud 14_gyoku%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0_job-antenna%e6%a7%98 gyoku_c 15_gyoku%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0_job-antenna%e6%a7%98 ここから生まれた繋がりから、また新たなクリエイティブが誕生するのかもしれません。 16_gyoku%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0_job-antenna%e6%a7%98   中には、未来のクリエイター(?)の姿も。 17_gyoku%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0_job-antenna%e6%a7%98 パーティが開催されたのが土曜日ということもあってか、お子さん連れの参加者も多く、会場の雰囲気をいっそう賑やかなものにしていました。  

可能性を広げる、デザインを生み出す、株式会社GYOKU

様々な色が組み合わさったGYOKUのロゴデザインには、「違う特技を持った人たちが集まって、一つの玉(GYOKU)=宝石となるよう」の思いが込められています。 18_gyoku%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0_job-antenna%e6%a7%98 多くの参加者を迎え開催されたオープニングパーティの様子から、この玉は、GYOKUだけでなく、これからの沖縄のクリエイティブを担う人々すべてを表した色なのかもしれないと感じます。 gyoku_a このオフィスから、たくさんの制作物が世に羽ばたいていくことを祝って、パーティはお開きとなりました。 2019年6月29日は、沖縄のクリエイティブ史において語り継がれる日…になるかもしれません。   ▼オフィスオープンの波に乗り、併せてデザイナー、ビデオグラファー、フロントエンジニアなどの人材を募集中。 株式会社GYOKUの中途採用情報は、コチラから gyoku1

関連記事

  • REPORT 2019.07.01
    【イベントレポート】 飲食・小売の今 そしてこれからを徹底的に語らnight!
  • REPORT 2019.03.01
    「参加すれば、入社したくなる。」潜入取材で見えたR&Luxeの“普通じゃないオフィス見学ツアー”
  • REPORT 2018.12.10
    『ファッション業界のイメージが変わる。』未経験から安心して働ける沖縄のアパレル販売、グッドフィールドグループをわかりやすくご紹介!
  • REPORT 2018.09.11
    テクノロジーに双璧をなすデザイナーとは? 激化する競争市場で働く人が今感じる未来に必要なスキルを徹底解説!