LIFE 沖縄で見つけるグッドデザイン|RENEMIA(レネミア)Art, Craft & Design with Cafe

2017年02月11日
新しいこと、やってみよう! 理由なんて考えず、やりたかったことからやってみよう。 一歩踏み込めば、新しい仲間が待っている。 感性を磨けば、新しい「うれしい」が待っている。 沖縄のまだ知らない素敵なコトに会いに行こう。 2017年1月、新しいことやってみるにはいい機会。 合言葉は正しいことより、楽しいこと。 心踊るビジネスライフは、そういう新しい一歩から。 まず、なにからやってみる?

%e8%a8%98%e4%ba%8b%e5%86%85%e7%94%bb%e5%83%8f

まずは身近なところから 素敵な気持ちになれること

沖縄の伝統工芸品といったらどんなものを思い浮かべるだろう。 ぽてっとした陶器やカラフルな紅型、シーサーなど多くあげられると思うが、ここRENEMIA(レネミア)ではいわゆる〝THE 伝統工芸〟といった姿ではなく、確かな技術を継承しモダンにアレンジされた工芸やアートが並んでいる。 renemia 場所はモノレール牧志駅から徒歩2分。牧志公園のすぐ目の前にあるガラス張りの店の奥には、大きなカウンターキッチンが見える。 店の目の前には美しい桜の木が立ち、一見ギャラリーを思わせる風貌ではあるが店内にはカフェも併設していることもあり気軽に入れそうだ。 アメリカでグラフィックデザインを学び沖縄へ戻り、現在はデザイナーとしても務めながらショップ運営も任されている宮平さんからお店が出来た経緯を伺った。 %e8%a8%98%e4%ba%8b%e5%86%85%e7%94%bb%e5%83%8f2 「ものづくりしている人は良いものつくるけど逆に発信が苦手だったりとかするんですね。作家さんの想いを知り、つくり手、売り手、買い手がちゃんと繋がるように発信を心がけているんです。レネミアでは沖縄の生活にとってよいデザインとなるものを選び、例えば器を提案するときにはお料理も一緒に提案しています。これって沖縄の食も同時に発信できるようなワークショップも出来るねって事もあり、最初から大きなカウンターキッチンを構えた、このようなお店をデザインしました。」 %e8%a8%98%e4%ba%8b%e5%86%85%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%95 今年で満3年を迎えるレネミアだが、商品の9割が沖縄を中心に生まれた工芸品やアートになってきたという。 %e8%a8%98%e4%ba%8b%e5%86%85%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%94 「沖縄で作られるいいものをもっと沖縄の人に使ってもらい、発信していきたいですね。」そう語る宮平さんの想いをきいていると想起されるのが、北欧・フィンランドの暮らしぶりだ。沖縄の工芸やアートもそのようなビジョンを持つべきだと言わんばかりの熱意を感じた。  確かに発信をテーマにしている事もあってお店を見渡しても商品棚のようなものは見当たらない。レネミアは商品数も決して多くはない。 %e8%a8%98%e4%ba%8b%e5%86%85%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%93 「モノを消費して古くなれば新しいもの買い変えるのが一般的かもしれませんが、手にしたときから生活の中で育て少しずつ馴染んでいく。そんな楽しみ方を知ってほしいです。」 また作家の想いを知る事で〝愛着〟という一言では表せない高次の価値が、私たちの日々の生活を豊かにしてくれるのだろうと気付かせてくれた。 %e8%a8%98%e4%ba%8b%e5%86%85%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92 RENEMIA レネミア 住所:沖縄県那覇市壺屋1-6-3 電話:098-866-2501 営業時間:14:00~18:00 定休日:日曜日 WEB:www.renemia.com  
JOB ANTENNA MAGAZINE vol.2 特集「新しいこと、やってみよう!」より