INTERVIEW 沖縄の成長産業IT業界で、大躍進するビーンズラボ。その秘訣を解き明かす!

2018年06月13日
株式会社ビーンズラボは2018年で8年目を迎えるIT企業。ある程度の知識や経験を求める会社が多い中、ビーンズラボは初心者・未経験者を積極的に採用し、急成長を続けている。今回は実際に未経験で入社し活躍している社員3名と人事担当者に会うことで、その強気な姿勢の秘密に迫った。
新卒でビーンズラボに入社。やる気だけは人一倍あります。 %e3%83%92%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%99%e3%83%a9%e3%83%9b%e3%82%99%e7%9f%a5%e8%8a%b1%e3%81%95%e3%82%93 新卒でビーンズラボに入社して2年目の知花 泰紀(ちばな たいき)さん。 大学時代はIT系の学部に在籍していたものの、なんだか難しそうなイメージだけでIT業界は敬遠していたそうです。就職活動を進めていくうちに未経験でも大丈夫と謳うビーンズラボと出会い、入社を決めました。 ネットサーフィンをする程度の知識しかなかったので、入社後に行う研修では右も左も分からず大苦戦。しかし持ち前の負けん気とやる気でぐんぐん吸収し、研修の集大成として行うアプリ制作では、開発の面白さに開眼!研修後は、まず運用チームへ配属されましたが「どうしても開発をやらせて欲しい」と直訴を続け、運用チームで結果を残しその頑張りが評価され、わずか半年で異動となりました。現在は念願叶って開発チームに在籍。挑戦の毎日を楽しんでいます。 今振り返ってみると、未経験でも内定がいただけたのはこのやる気と好奇心が評価されたのだと思います。 しっかりとした研修があるから、ITスキルはあとからいくらでもついてくる。 %e3%83%92%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%99%e3%83%a9%e3%83%9b%e3%82%99%e3%80%80%e9%87%91%e5%9f%8e%e3%81%95%e3%82%93 こちらの金城 彩(きんじょう あや)さんは、事務職からの転職。 ごくごく一般的なネットユーザーと同じくらいのIT知識だった金城さんも、まずは研修で壁にぶつかりました。 入社後3ヶ月は業務に入るのではなく、基礎的なIT知識・スキルをしっかりと叩き込む未経験者向けの研修がビーンズラボの大きな強み! 研修を指導する教育課スタッフも、実は業界未経験入社で同じ研修を受けた先輩ばかりなので、自分も通った道だからこそ分からないところを手に取るように教えてくれます。 この分からない人の立場に「寄り添った」徹底的なフォローにより、着実に未経験者を育てることができるのです。 会社全体が非常に明るくコミュニケーションが盛んな社風なので、教育課だけでなく通りすがりのスタッフが教えたり「一緒に」考えたりする風景もビーンズラボではお馴染み。 この「一緒に」「寄り添って」という文化は、未経験からでも活躍できる人材へ成長するための大きな要素となっています。 チャレンジする気持ちを汲み取った柔軟なキャリア展開、希望によっては東京勤務も可能。 %e3%83%92%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%99%e3%83%a9%e3%83%9b%e3%82%99%e3%80%80%e7%8e%89%e9%82%a3%e8%a6%87%e3%81%95%e3%82%93 さて、3名の中でも少し変わったキャリア構築をしているのが、玉那覇 佑美(たまなは ゆうみ)さんです。 実は玉那覇さん、総務での採用でした。以前は携帯電話ショップで働いていましたが、さらなる成長を求めビーンズラボに転職を決めました。 総務担当とはいえ、基礎的な知識は身に付けたいと入社後研修へ。 はじめは苦労しましたが、インターネットの裏側の動きに惹かれどんどんその奥深さの虜に。研修が終わる頃には総務ではなく、エンジニアにチャレンジしたい!とまで考えるようになりました。人事担当者や役員と相談を重ねた結果、開発担当の部署でキャリアをスタートすることに。その時「しっかりと個人の希望を聞き適性を見極めた上で人事配置を行う会社だ」と玉那覇さんは感じたようです。 またビーンズラボでは、クライアントが首都圏企業のため希望によっては東京勤務も可能とのこと。寮があるので、沖縄から身一つで東京へ行ってすぐに働き始めることができます。東京で働いてみたいけどいきなり引っ越しとか転職はちょっと怖い・・。そんな人でも、まずは沖縄で経験を積んでゆくゆくは東京へチャレンジすることができます。 求められるのは、自分で考える力と努力を積み重ねる姿勢 %e3%83%92%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%99%e3%83%a9%e3%83%9b%e3%82%99%e3%80%80%e5%af%be%e8%ab%87%e9%a2%a8%e6%99%af 厳しい研修を乗り越えて現在業務を楽しんでいる3名ですが、これから鍛えたい・伸ばしたい力を聞いてみました。すると、みなさん揃って出て来たのが「考える力」や「伝える力」。 この力の必要性を業務にはいることで感じる毎日だと言います。 そんな総合的なコミュニケーション力を養うため、ビーンズラボでは「円陣朝礼」を毎日行っているとのこと。 円陣朝礼とは「お題に対して抽象的もしくは具体的に1分間話す」というもので、全員参加・そして全員発表というスタイルで行われています。ぱっと与えられたお題について、考えながら話す力・瞬発力・まとめる力が日々鍛えられています。この円陣朝礼で鍛えられる力が、実はロジカルシンキング。プログラミングなどはロジカルシンキングそのものなので、IT業界で活躍するには切っても切れないスキルです。 ロジックをしっかりと組み立てて考える力を身につけられるからこそ、ビーンズラボはIT業界未経験でも大丈夫、と謳えるのですね。 またこの円陣朝礼を毎日行うことで、他部署の人のひととなりも分かり、社内の円滑なコミュニケーションに一役買っているようです。 あっという間に「教えてもらう」から「教える」立場へ。個人の成長スピードがとても早い %e3%83%92%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%99%e3%83%a9%e3%83%9b%e3%82%99%e3%80%80%e5%af%be%e8%ab%87%e9%a2%a8%e6%99%af2 IT知識ほぼゼロからスタートした3名は、今ではもう教える側の立場になっています。金城さんは同業務に後輩ができ、チームを作る段階に入っています。業務に自動化などを取り入れて効率的に進めていけるよう、また一緒に働くスタッフに信頼してもらえるように日々仕事に取り組んでいます。また玉那覇さんと知花さんは、技術を伸ばすことはもちろんですが、人をマネジメントして進めるプロジェクトリーダーを目指しているそうです。 入社後わずか1年あまりですが、3名がそれぞれ急成長を遂げ、さらなる成長を自分に課してやりがいを感じていることが非常によくわかります。 この個人の急成長が、ビーンズラボ という会社の躍進につながっているのだと思いました。 %e3%83%92%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%99%e3%83%a9%e3%83%9b%e3%82%99%e3%80%80%e9%9b%86%e5%90%88%e5%86%99%e7%9c%9f ―最後に人事ご担当者に伺いました。 弊社の代表はいつも「沖縄の人を育て、沖縄に還元したい」と話しています。沖縄県全体としての低賃金の問題にも、まずは弊社でしっかりとした待遇を出すなど、還元の方法を考えています。 技術力でトップになる!というゴールがあるので、未経験からでもやる気があって一緒に努力し続けてくれる仲間を待っています。
「未経験でも大丈夫」という募集の裏側には、しっかりとした研修制度と個人のやる気を促し急成長を支える社風がありました。沖縄で観光に次ぐ第二の産業となったIT業界。初めての人も全力で育てるビーンズラボでIT業界に挑戦してみませんか? 株式会社ビーンズラボの会社情報はこちら 株式会社ビーンズラボの求人一覧はこちら 未経験から挑戦できるwebエンジニア求人はこちら   1b3b9fdaff384e30a098b4630b905765_df55204ab9f636cc98baf49bf31ccfe6

関連記事

  • INTERVIEW 2019.03.01
    入社半年の社員に聞いた「R&Luxeはやっぱり普通じゃない!」 その言葉の源泉にあるものを徹底解剖!
  • INTERVIEW 2019.02.22
    「仲間ではなくプロとの契約。」ジョブアンテナ求人応募数ナンバーワンを誇る琉球オフィスサービスが求める人材とは
  • INTERVIEW 2019.02.06
    全ては「お母さんの幸せ」のため。あいレディースクリニックの取り組みとは
  • INTERVIEW 2019.01.28
    沖縄県民を支える卸売業界。【安心して働ける環境づくり】に奮闘する人々の想いを取材しました。