INTERVIEW アサイン業務はまるでパズル 難しいから、おもしろい|ロワジールホテル那覇 宿泊部フロントスタッフ 砂川 智秋

2017年03月31日
[2018年新卒応援企画]仕事がつまらないなんて言ったのは誰だ!?<CASE 3学生時代、社会人になったら自由がなくなると思ってた。 でも実は社会に出てからのほうがはるかに自由だし、 人生はここからが本気で面白いんだ。 仕事していく中で、努力が実を結んだとき、人はまた一歩成長する。 働くということが、自分を楽しむこととなったとき、 笑顔の意味がまたひとつ増える。 今、勢いがある企業で 仕事を楽しむ6人の若手社員の声を集めた。
%e3%83%ad%e3%83%af%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%ab%e8%a8%98%e4%ba%8b%e5%86%85%e7%94%bb%e5%83%8f1  

負けず嫌いのホテルマン

砂川さんの業務について教えてください。

入社後2年半はレストラン、その後12Fのバーで1年経験を積みました。昨年11月に料飲部から異動し、現在は宿泊部のフロントスタッフとして勤務しています。最初の1ヶ月はベッドメイキングやベルボーイの研修をおこなった後、フロントとして3ヶ月目となります。覚えることが多くて大変ですが、日々チャレンジの連続で楽しく仕事をしています。 %e3%83%ad%e3%83%af%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%ab%e8%a8%98%e4%ba%8b%e5%86%85%e7%94%bb%e5%83%8f2  

バーのどんなところに魅力が?

「プライベートでは到底知り会えないような方と日々会えるところが魅力ですね。またホテルのバーはお客様がカクテルを注文される時、カクテル名ではなく『甘め、すっきり、ロングで』などふわっとした注文が多いのですが、はじめはどのお酒とどのお酒を合わせるとどういう味になるか全然想像つかなくて。7ヶ月間はホールだったので、ひたすら伝聞。お客様のリクエストをカウンタースタッフに伝えて、出来たカクテルの詳細をカウンタースタッフから聞いて伝えるのを繰り返すうちに、だんだん負けず嫌いの性格が出てきて『自分ならこう作るな』と思うことも多々ありました。でも営業時間後にお客様に出したものを再現してもらって飲んでみたら『なるほど!美味しい!』と納得したり(笑)」 %e3%83%ad%e3%83%af%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%ab%e8%a8%98%e4%ba%8b%e5%86%85%e7%94%bb%e5%83%8f3  

「備考欄」にお客様のドラマがある

料飲部から宿泊部へ、異動してわかったことはありますか?

「料飲部にいた時は、フロント業務ってチェックイン・チェックアウトだけかと思っていたのですが、フロントはいわばホテルの司令塔。チェックインの際にお客様に書いて頂いた情報を管理画面に入力しながら会話の内容や、お客様の様子など備考欄に入力し、各部門で共有します。例えば結婚記念日のお客様がレストランにいらっしゃったら、ちょっとしたサプライズをするなど、お客様がホテルにいる間、気持ちよく過ごしていただけるようおもてなしのヒントにしています。この備考欄は次に宿泊されるときにも引き継がれるので、たくさん宿泊頂いたお客様の備考欄はズラッと情報が並んでいるんですよ」  

今仕事で一番面白いことは何ですか?

「アサイン業務(部屋割り)ですね。本館だけで437室あるんですが、部屋割りは前日の夜に決めます。これが結構難しい。例えばうちのホテルは8階と11階が喫煙フロアなのですが、宿泊の予約の際に片方は喫煙ルーム、もう片方は禁煙ルームで予約されているのに『隣同士希望』と備考欄にかかれていることがあったとします。この場合、禁煙フロアと喫煙フロアに2部屋ずつ隣同士で取っておくんです。そうすれば、チェックインの際に禁煙フロアで隣同士、喫煙フロアで隣同士、または禁煙喫煙フロアに分かれるか選ぶことが出来るので。お部屋の稼働率が上がれば上がるほどこのアサイン業務は難しくなりますが、パズルみたいで面白いですよ」 %e3%83%ad%e3%83%af%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%ab%e8%a8%98%e4%ba%8b%e5%86%85%e7%94%bb%e5%83%8f4  

宿泊部でも負けず嫌いは発揮していますか?

「はい(笑)。チェックインの際に上のランクのお部屋が空いている場合、アップグレードをおすすめするのですが、実はアップグレードされた金額がおすすめしたスタッフごとのランキングとして計上されていて、上位は給料に反映されるんです。これは燃えます!」  
砂川 智秋(すながわ ともあき) ロワジールホテル那覇  宿泊部フロントスタッフ 入社4年目   名桜大学卒 ロワジールホテル那覇は那覇空港から車で約7分、沖縄の玄関口にあり観光とビジネスの両面で活用される都市型リゾートホテル。敷地内には本館、イースト館、スパタワーが建ち並び、総客室数は622室と那覇市内で最も客室数が多い。ここで働く砂川さんは、名桜大学で観光産業について学び新卒で入社。趣味はボウリング。
この会社の求人情報はこちら c48c8bab5906a6758b9378fc00a0f67c_front-recruit980-693x283 2018年 新卒採用一覧はこちら%e6%96%b0%e5%8d%92b

関連記事

  • INTERVIEW 2017.04.17
    「旅行から無事に帰る」この”あたりまえに思えること”を支えるのが僕の仕事であり、よろこびです|沖縄ツーリスト株式会社 OTSレンタカー 松原 浩太
  • INTERVIEW 2017.04.10
    県外出身の私だからこそ気付ける 沖縄の魅力を世界中に伝えたい|沖縄ツーリスト株式会社 那覇・南部営業所 谷川 仁美
  • INTERVIEW 2017.04.07
    “Be Natural” 音楽で伝える時が素直になれる瞬間|嘉数ゆり
  • INTERVIEW 2017.03.31
    そして、いつか「情熱大陸」に。|株式会社シーエー・アドバンス SEM事業部 ディレクター 田村 和弥