HINT ビジネスパーソン必見!ワンランク上の手土産を空港で購入できる「Sugar 沖縄焼菓子研究所 那覇空港店」

2019年06月07日
5  
出張や県外から大切なお客様の来客など、「定番の手土産もいいけど、ちょっとお洒落でワンランク上の手土産を選びたい…」そんな時におすすめしたいのが、2019年4月那覇空港にオープンした「「Sugar 沖縄焼菓子研究所(シュガー オキナワヤキガシケンキュウショ)」(以下:Sugar)。
Sugarでは『島の宝(そざい)と職人の手間、飾らない贅沢を贈る‟Sugarの宝石箱“』をコンセプトに、贈る方も贈られる方も、リッチで贅沢な気分を味わえる、伝統フランス菓子『ティグレ』を販売する。那覇空港にあるので、出張の際に気軽に購入できることも、忙しいビジネスパーソンにおすすめしたい理由のひとつだ。 沖縄県内にイタリアンレストランやケーキ店、そして新たに焼菓子菓子専門店をスタートし、どんどん勢いを見せる株式会社トランク。今回の店舗のこだわりや商品について、代表取締役社長である「野間 謙策(のま けんさく)」さんに伺った。 3 「沖縄の素材を使った、他では作れない焼き菓子を作りたいと思ったんです。」沖縄県内初の厳選沖縄素材を使ったティグレを販売するSugar。オープンの経緯を野間さんはこう話す。 野間さん「とにかく沖縄の素材を活かした、飽きのこない商品を作りたいと思いました。Sugarは焼き菓子専門店としてスタートしたのですが、沖縄素材を活用できる焼き菓子を考えた時にティグレに辿り着いたんです。」 ティグレとは、フランス語で「虎」という意味を持つ焼き菓子のこと。生地に練り込まれた具材が虎のしま模様に見えることから、この名前が付けられている。具材が練り込まれた生地の真ん中にガナッシュが流し込まれており、見た目にも可愛らしいことから手土産に喜ばれる焼き菓子だ。 1 (店頭に並ぶティグレ。それぞれ商品の説明が額縁に入っており、高級感が漂っている。) 野間さん「Sugarでは、生産量の90%が県外の料亭などに出荷される津嘉山のかぼちゃや、沖縄特有の島胡椒「ピパーチ」など、素材にとことんこだわっています。津嘉山のかぼちゃは糖度がとても高いのでスイーツとの相性がいいですし、ピパーチは自分が飲食店をやっていく中、どんな料理にも合わせられる沖縄の魅力が感じられる素材だと気に入っていたので、絶対に使いたいと思いました。他にも大宜味村で無農薬栽培される生姜や、首里みそなど、沖縄県内でも貴重な厳選素材にこだわっています。」 よくある手土産に使用されるマンゴーや紅いもはあえて使用せず、沖縄を良く知る人が好みそうな素材を使ったティグレ。出張の際や、県外から大事なお客様が訪れた時の手土産にぴったりだ。 野間さん「パッケージにもこだわりました。沖縄の贅沢素材をまとった焼き菓子を宝石に見立て、入っている箱も宝石箱のようにしたいと、試行錯誤を繰り返しました。」 6 JOBANTENNA編集部も、取材に訪れた瞬間に全員が「可愛い!」と絶賛した。彼女や奥さんへのちょっとした手土産、会社の女性に配るお菓子としても喜ばれそうだ。 もちろん、砂糖や塩にもこだわりがある。
【素材と手間】 砂糖:Sugar(砂糖)は体に優しいオーガニックシュガーを使用 塩:ミネラルが豊富と言われる宮古島雪塩を使用 沖縄素材:長命草/首里みそ/ピパーチ/大宜味産生姜/津嘉山かぼちゃ
以下、一つひとつの商品の魅力をご紹介したい。 ①ショコラ&ピパーチ 10 沖縄県産島胡椒「ピパーチ」が、ほのかにぴりっと口の中に広がりながらも、甘みもしっかり残るホワイトチョコのティグレ。野間さんが絶対に使いたかったというピパーチの辛みとチョコレートの甘さがお互いを引き立てている。ブラックコーヒーに合わせたい味。 ②ショコラ&ジンジャー 8 大宜味村の生姜を使用したティグレは、チョコレートのコクと生姜の刺激が合わさった、癖になる味。ピパーチよりも辛みが強めで、大人受けが良さそうな一品。お酒好きな筆者はこちらが一番好みだった。ワインやウイスキーに合わせたい味。 ③ショコラ&長命草 7 栄養価の高い沖縄県産長命草とホワイトチョコを使用したティグレ。長命草の青臭さはなく、甘みが強いので、子どもにも喜ばれる。長命草を食べたことがある人は、イメージと違うと感じるかもしれない。和菓子のような奥行きがあるので、濃いめのお茶に合わせたい味。 ④ショコラ&みそ 11 沖縄県の首里でつくられた、風味豊かな首里みそとバターのコクたっぷりのティグレ。味噌とチョコというコラボレーションにより、濃厚な味わいになっている。味噌味は強くなく、コクを出すための隠し味のような味。ツウに贈ると喜ばれそうだ。 ⑤ショコラ&パンプキン 9 津嘉山かぼちゃと贅沢チョコを使用したティグレは、お店の人気ナンバーワン商品。糖度の高いかぼちゃを使用しているので、しっかりと甘いことが特徴。口に入れる瞬間に焼き芋のような甘い香りが広がる味わいは、子どもにも人気なのだとか。 Sugarでは試食もできるので、気軽に試食して味を確かめてみて。 4 沖縄県内でも特に上質な素材にこだわってつくられたティグレ。取材後、手土産としてお世話になっている会社にお送りしたが、女性陣に特に好評だった。 「高級感があるけど、これいくらしたの?」「作業中じゃなくて、後で落ち着いてお茶を飲みながら食べたいね」と、興味津々の様子だったと後日伺った。メンバー皆でティグレを囲む、社内の交流の機会にもなったそうだ。 おしゃれで沖縄の厳選素材を使用したスイーツを販売するSugar。那覇空港に訪れる際は、大切な人へのプレゼント選びに、立ち寄ってみてはいかがだろう。 2 ◆ Sugar 沖縄焼菓子研究所 那覇空港店 【住所】〒901-0142 沖縄県那覇市鏡水150番地 那覇空港国内線旅客ターミナルビル2F 【電話番号】098-858-2626 【営業時間】7:00~20:30 【定休日】なし(※那覇空港に準ずる) 【公式サイト】https://sugar-okinawa.com/ ★4月26日にイオンモール沖縄ライカム店もオープン! 那覇空港利用の県外出張者、旅行者だけではなく、沖縄県内の方も、贈り物・プレゼントにおすすめ。 ■イオンモール沖縄ライカム店 https://www.trunq.jp/service/cheesecake-pastry/sugar-rycom ■プレスリリース https://www.trunq.jp/newsrelease/2019/1180

関連記事

  • HINT 2019.09.18
    探し物をしている時間は「1年間で150時間」!?仕事の効率化に欠かせない"整理収納のコツ"とは?ー導入編ー
  • HINT 2018.02.14
    白井旬の働くあなたへのワンポイントアドバイス|04「仕事にも人生にも役立つアンガーマネジメント(3)」
  • HINT 2018.01.05
    YELL ~若者へのエール~ |03 株式会社パム 人事責任者 佐原輝哉
  • HINT 2017.12.18
    白井旬の働くあなたへのワンポイントアドバイス|03「仕事にも人生にも役立つアンガーマネジメント(2)」