HINT 白井旬の働くあなたへのワンポイントアドバイス|02「仕事にも人生にも役立つアンガーマネジメント」

2017年11月20日
ワンポイント2①
白井 旬 Jun Shirai 沖縄人財クラスタ研究会代表理事 1973年兵庫県生まれ。95年旅行会社のエイチ・アイ・エスへ入社。01年にIT企業のビィー・フリーソフトに転職し沖縄支店長を務める。その後、沖縄県産業振興公社や海邦総研での地域活性化事業、リーダー人材育成事業を経て、特定非営利活動法人沖縄人財クラスタ研究会の代表理事となる。
第2回は【仕事にも人生にも役立つアンガーマネジメント(その1)】です。 毎日の仕事や生活の中で誰しもが遭遇する「怒り」を感じる場面。そんなとき、あなたはどうしていますか? “部下を必要以上に叱って心配になった”“子どもに厳しく言いすぎて後悔した”あるいは“我慢しすぎて辛い思いをした”といった経験を多くの方がお持ちではないでしょうか。 今回から3回連続でご紹介する「アンガーマネジメント」とは、「怒らなくなる」ということではなく、私たちの身近にある「怒り」を正しく知り、上手にコントロールすることで、仕事や人生をより良くしていこうとする心理トレーニングのひとつです。まず、四文字熟語の「喜怒哀楽」にあるように、「怒り」とは人間にとって自然な感情のひとつで、怒りが無い人はいないし、無くすこともできません。だからこそ、怒りそのものに「良いも悪いもない」と理解することが大切なのです。では、私たちの怒りはどこから生まれるのでしょうか? ワンポイント2②これは、私自身も目からウロコのメカニズムだったのですが、怒りとは「第二次感情」に分類されるのです。怒りの手前には不安や疲れ、寂しさなど「不(あるいは負)」の第一次感情が存在します。自身の心のコップに、日々の仕事や生活のなかで発生する第一次感情が少しずつ溜まっていき、ある瞬間、怒りとなって溢れ出す、とイメージしていただくと分りやすいと思います。例えば、忙しいときや体調が悪いときに、イライラしやすいのはこのためです。 ワンポイント2④ この怒りのメカニズムを知っていれば、自身や他人あるいは、家庭や職場の第一次感情に目を向けて、怒りの原因を探れるようになります。「なんだか最近イライラする」と感じたら、手前の第一次感情を探して「新規プロジェクトを任されて、不安になっているのかもしれないな」と自分に向き合ってみるのも良いでしょう。 次に、私たちを怒らせるものの正体を見ていきましょう。 多くの方は、特定の誰か・出来事・何かなど、私たちの外側にあるものに対して、私たちが怒りを覚えている、と感じているのですが、実はそうではありません。私たち自身が持つ理想や願望、欲求に対して、現実がそうならなかったとき、人は怒りを覚えるのです。それは「~べき」や「~はず」といった言葉として感情表現されます。「部下は上司にきちんと報告すべき」「親は子どものことを分かってくれるはず」というように、怒りの正体は、私たちの内側にあるのです。 ワンポイント2③ このことは、グローバル化による異なる価値観や24時間化による新たなライフスタイル、ICT化による便利になり過ぎた社会などによって、イライラした人が増えているのではないか? と考えられていることとも関係があるように感じます。次回は、具体的な「怒り」のコントロール方法についてお伝えしていきます。乞うご期待。
<現在の活動紹介> ポスター1枚から日本を元気にするプロジェクトである「マルマルニッポン!(○○ニッポン!)」 の沖縄版として、2016年11月より女の子の笑顔で「職場」と「街かど」を元気にするプロジェクト「オキナワニッポン!」をスタート。県内外企業や団体各所へのポスター配布に加え、沖縄独自の取り組みとして那覇市久茂地(沖縄タイムスビルと久茂地MKビルの間)への看板を設置。ポスターは、職場の活性化やコミュニケーションのきっかけ、看板は、沖縄の新たな話題のスポットとして展開中。 ▼「オキナワニッポン!」プロジェクト~モデル&カメラマン募集中~ http://www.human-okinawa.org/ オキナワニッポン  
JOB ANTENNA MAGAZINE vol.2 より

関連記事

  • HINT 2018.02.14
    白井旬の働くあなたへのワンポイントアドバイス|04「仕事にも人生にも役立つアンガーマネジメント(3)」
  • HINT 2018.01.05
    YELL ~若者へのエール~ |03 株式会社パム 人事責任者 佐原輝哉
  • HINT 2017.12.18
    白井旬の働くあなたへのワンポイントアドバイス|03「仕事にも人生にも役立つアンガーマネジメント(2)」
  • HINT 2017.11.27
    YELL ~若者へのエール~ |02 株式会社いえらぶ琉球 代表取締役社長 新井つかさ