CATALYST イノベイティブな企業を目指すためには、 ワクワクするような価値を見出し、新しい市場を創出していき、日々Actionする!丨株式会社オプト 沖縄コーラルオフィス クリエイティブ戦略部 吉田有花

2017年04月11日
史上最年少のカタリストとして登場するのは、株式会社オプト沖縄コーラルオフィス、クリエイティブ戦略部の吉田有花さん。愛嬌ある笑顔がとても好印象な23歳の女性である。新卒1年目の彼女が携わっているのは、同社の主力ビジネスであるインターネット広告のバナーデザイン。つまり吉田さんは「ウェブデザイナー」として活躍している。華やかなイメージのある職業だが、どういう経歴でこの仕事に就いたのだろう。入社後についたあだ名が「ひよこ」だという、初々しさの残る彼女に、仕事の面白さや魅力、会社のことなどを率直に語ってもらった。

%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%88%e8%a8%98%e4%ba%8b%e5%86%85%e7%94%bb%e5%83%8f1

『ない』ことを楽しむ

「生まれは熊本なのですが、幼少期から小3までは実は東京で育ちました。東京といっても割とローカルな住宅街だったので、都会だという実感はあまりなくて、熊本に戻ってからもずっと『都会』への憧れがありました。そこで大学進学を機に、福岡へ行きたい!  と思ったものの、残念ながら志望校の推薦を取れなくて(笑)、大学から沖縄です。それまでは沖縄には来たこともなくて、物件を探す段階になって初めてまともに沖縄の地を踏みました」 吉田さんはとても女性らしい穏やかな印象であり、内面もそうかと思うと、実は見た目とは全然違うという。 「大学の場所が名護で……名護も沖縄の中では比較的都会だとは思うんですが、それでも『ない』ものがたくさんありました。特に大学生が好む、映画館やスタバがなかったので、わざわざ那覇まで行くようなこともありましたが、基本は『ない』ことを楽しむしかないな、と。それで『ない』ものの代わりに、自然と親しみました。山に登って、海に入って、滝に浸かって……自動車免許もずっと取りたかったのですが、結局バイトに追われてしまい、4年間原付免許だけでどうにか凌いでいました」  

%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%88%e8%a8%98%e4%ba%8b%e5%86%85%e7%94%bb%e5%83%8f2

就職活動を通して、自分の「好き」を気付かせてくれたオプト

意外とパワフルというか、アウトドアにも慣れ親しんでしまう素養があったおかげで、大学4年間を楽しく過ごした吉田さん。就職活動時期になり、自分はどういう方面が向いているのか自問自答しながらかなり悩んだ。 「大学で学んでいたのは会計学だったので、最初は漠然と金融関係に進むつもりでいました。都会への憧れが捨てきれていなかったので、福岡や大阪や京都、東京まで足を伸ばしたりもしました。でも最終的にやはり大事なのは場所ではなく、『自分のやりたいこと』がやれるかどうかだなと思ったんです。そこでふと自分の原点に返ってしまったというか……実は、モノづくりに興味があったんです、私。幼いころから絵を描くのが好きだったり、何か手作りしてそれを人にあげるのが好きだったり、アルバイト先のケーキ屋さんのPOPを手書きするとか、自分がやっていたのはその程度だったんですが、恥ずかしくてやりたいって言えなかっただけで本当はそれが〝好き〟なんだなって気づいてしまったんです」 そんな彼女に自分が本当に好きなものは何かを気づかせてくれたのが、現在勤めている株式会社オプトの企業説明会だった。気づきはふとしたところに転がっている。吉田さんと株式会社オプトの結びつきは、まさに運命的だったともいえよう。 「県内の就活生向けのセミナーで、オプトの人事の方が来ていて……その方のお話がとても面白かったんです。そこではじめて広告代理店に興味が湧きました。そして面接を重ねて、2回目くらいのときに私が『デザインに興味がある』と伝えたら、担当者の方が『新卒採用にデザイナー枠はないけど、社内で募集がかかっているから、聞いてみようか』って言ってくださって……」 吉田さんはそれまでデザイン系のソフトに触れたことすらなかった。端から見たらかなりの思い切った人事に思えるが、人間誰しも〝初めて〟が必ずあるもの。彼女の資質を感じとった人事部は適材適所ともいえる配置を行ったのだ。初めての経験であり、入社後に当然苦労があったと思われるが……。 「苦労とか、大変さとかそういったものは感じませんでした。むしろ、お給料をいただきながら未経験の私にみっちりと教えてくれることに、感謝していますし、恵まれていると思います。オプトは教え方がうまいというか、ちゃんとレベルが上がるように仕事を振ってくれるのがすごいと思います。まず最初の3ヵ月はOJTで、デザイン系ソフトの基本操作を叩きこまれました。この期間で操作はマスターできるのですが、そこから先は実践を積んでいきます。具体的には文言の修正から入るのですが、それができるようになると次はこれ、って徐々にハードルを上げてくれるんです。もうすぐ入社11カ月目ですが、先輩の真似をしながら一通りのことをこなせるようになり、今ではターゲット層や、デザインの雰囲気が文字で書かれた依頼書をもとに、イチから自分でデザインを作り上げます」 すでに東京で研修も参加済みだという。成長企業というのは総じて新人教育に余念がないが、オプトもその例に漏れず社員教育に熱心である。入社1年にも満たないデザイン未経験の彼女がここまで成長できたのは、オプトの社員教育にかける効果的なシステムと情熱の賜物である。 「新人の私がこんなこと言うのもおこがましいですが、社員にやる気を出させるのがうまいのだと思います。やったことが成果につながりますし、その成果も数字として見えます。そしてそれをちゃんと評価してくれるんです。半年に一回納会があって、そこで表彰してくれたり、自分がこうなりたい、と望めばその方向に進めるんです」 彼女の所属するクリエイティブ戦略部を例にとると、デザイナーから始まって、デザインを極めるシニアデザイナーへの道、案件ごとにディレクションをするディレクターやアートディレクターへの道、それを設計するプランナーなど、キャリアパスができるという。吉田さんの場合なら、成果次第では憧れの東京に行くことだって可能なのだ。モチベーションを上げることがひいては企業の成長にも繫がる。社員一人ひとりの熱こそが企業にとって最も必要なファクターに他ならない。  

%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%88%e8%a8%98%e4%ba%8b%e5%86%85%e7%94%bb%e5%83%8f3

ウェブデザイナーに必要なことは自ら考える力と形にする力

「デザインにはセンスが必要だと思われがちですが、正直自分にそのセンスがあるかどうか未だに謎というか、まだ自信はありません。それでも、先輩が『自分のデザインを見て、ここが良くないとか、〝違和感〟を持てるならそれで合格』だと言ってくれるんです。たしかにその感覚は自分にもあるので、じゃあ先輩を信じてやってみよう、という気持ちになります。しかも、誰もが知っているような企業さんの仕事を任せてもらえるので、自分の作ったバナーを目にしたときにとても誇らしい気分になります」 吉田さんの屈託のない笑顔を見ていると、自分の仕事にやりがいを感じているのがまっすぐに伝わってくる。実はその辺りの細かい事情は、彼女の上司からも伺っていた。 インターネット広告というのは紙媒体の広告と違って、費用対効果が数字で瞬時にわかる。そのページに一日何人が訪れているのか、平均の滞在時間はどれくらいか、そこからバナーをクリックした人の確率まで、ほとんどリアルタイムで数字がわかる。インターネット広告業界で市場シェア1位にも輝いたオプトだけに、どのようなデザインの広告が消費者に受けるのか、そういったノウハウも熟知している。だからデザイナーに求めるのはデザインのセンスではなく、そもそも何のための広告なのか、目的はいったい何なのかを考えられる人だという。自分がなんのためにデザインをしているかをベースにして考える力が必要なのである。そういう条件にマッチしてさえいれば、吉田さんのようにまったくの未経験からスタートしても、十二分に活躍できる場を与えてくれるのが株式会社オプトである。 「〝未経験デザイナーゆえの苦労〟はなかったのですが、『社会人としての壁』は普通に経験しました。いわゆる〝ほうれんそう〟――報告・連絡・相談ができていなかったんです。新人のくせに〝できるやつ〟だと思われたくて、問題にぶつかった時にすぐ相談せず、自分で抱え込んだ挙句、どうにもならなくなって、あとあと先輩にやっと打ち明けて助けてもらったということがありました」 ほかにも自分の出したデザインラフがなかなか通らず、涙を流したという新人デザイナーらしいエピソードもある。 「ディレクターの『こういうものが欲しい』という要求に対して、自分なりに形にしたデザインが『全然違う』って戻されること自体はよくあるんですけど、それを何回も繰り返すとさすがにどうしたらいいかわからなくなります。悔しくてたまらないのですが、会社では泣きたくないので、家に帰って泣いたり。自分の納得と、ディレクターのOKが重ならないときに難しさを感じますが、ディレクターにも『伝わっていない』もどかしさがあるだろうし、こっちもそれを『汲み取れていない』のが悔しいので、日々アンテナを張っていろんな情報をキャッチするようにしています。雑誌を読んだり、気になるバナーを見つけたらキャプチャしておいたり、今は引き出しをたくさん作っているところです」  

%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%88%e8%a8%98%e4%ba%8b%e5%86%85%e7%94%bb%e5%83%8f4

何もしなかったら何も始まらない。とにかくActionを起こせ!

現在、吉田さんが主として担当しているのは化粧品関連の広告バナー。そんな吉田さんのこれからの目標について聞いてみた。 「あらゆるターゲットに臨機応変に対応できるデザイナーになりたいと思います。今はコスメ系のデザインを担当することが多く、20代~30代の女性が好む傾向はわかるんですけど、それより上の世代の方向けだったりすると、どういうものが心に刺さるのか、まだわからない部分も多いので、そういう世代の人の読むファッション誌もチェックしています。男性向け商品の場合などは、素直に隣の人に見せて『どっちがいいと思う?』って相談したりすることもあります」 勉強熱心のため東京の研修でも業務時間終了後に自習までしていた。そういった努力のかいがあり、今では動画の手法も一通りマスターしたという。 「それまでは静止画のバナーしか作れなかったのですが、研修で学んで動画も使えるようになれて、少し成長できた気がします。デザインに一発OKが出たときはすごく嬉しいのですが、実はダメ出しも嬉しいです。もちろん褒められるのは嬉しいんですが、今の私にとってはダメ出しも貴重なので。そんな視点があったのか!  と思えます」と嬉しそうに微笑む彼女の未来は希望に満ち溢れている。吉田さんは続けて、会社について彼女なりの目線でこう語る。 「沖縄コーラルオフィスはとても居心地がいいです。特にオプトカフェとバーがお気に入りです。昼はランチやカフェとして利用できて、夜はバーにもなるんですよ。社員たち自らが会社をよりよくしていこうという目的を持って取り組むプロジェクトなんかもあります。きっとみんな会社が好きなのだと思います。上司も威圧感がなくて、横のつながりをとても大事にしていて、部署が違っていても声を掛け合ったりします。これは沖縄の特性なんですかね……本社に行ったときに、雰囲気の違いは感じました。かといって東京の人が冷たいというわけではなく、〝一人ひとりが戦っている感じ〟って言うんですかね。そんな印象を受けました。どちらがいいとかそういうことではなくて、沖縄コーラルオフィスでも、一人ひとりがもっと武器を持てたらいいのかな、というのは東京の働き方を見て率直に思いました。武器って何? ってことまではわからないんですけど」  

%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%88%e8%a8%98%e4%ba%8b%e5%86%85%e7%94%bb%e5%83%8f5

オプトの理念に「Action!」という言葉がある。これはチャレンジして成功したら2点、チャレンジして失敗しても1点、アクションしないのはマイナス1点なのだという。失敗しても恐れず行動できるというのは大きい。特に日々進化が激しいインターネット広告業界では、失敗を恐れずにトライ&エラーを繰り返すことが重要だったりする。最先端のテクノロジーがどんどん試されていく中……AIやVRなどもさらに台頭してくるだろうし、そういった最先端のテクノロジーに対して、クリエイティブの在り方が問われる時代になっていくに違いない。オプトではその最先端に触れながら仕事ができる。若くてモノづくりの好きな、行動的な人材に是非チャレンジしてもらいたいと思う。  
吉田有花 (よしだ ゆか ) 1993年生まれ、23歳。熊本県出身。高校を卒業後、県内の名桜大学へ入学。国際学群にて経営学を学ぶ。進路は大学で学んだことを活かすため金融系の会社への就職活動を進めるも自分が作ったもので人に喜んでもらいたい、という小さい頃からの夢を諦めきれずにいた。そんな中、オプトで未経験でもデザインに携わることができることを知り、進路を大きく変えこの業界に入る。2016年株式会社オプトへ入社、WEB広告デザイナーとして活躍する。
<株式会社オプトの求人情報> ▼【未経験者可】「好きだった」で終わらせない、Webデザイナー募集!fad23b45f7ab5612174bc45a0db297a1_f7c1a58d6ab896f4c306a144b15bdc4c-693x283  

▼【カスタマーサポート経験者募集】未経験からIT企業へ挑戦してみませんか?21495760533c7ee0a19c93ce688ab1c5_1be7ef959c85548bec025dd55aaee703-693x283

▼成功はあっても正解が無いのがマーケティング!オプトで一緒に成長しませんか?fcebfa8767fc12a3098297398c747007_d8c1a008d03f2b55dbbe55d075900471-693x283

▼クライアントの想いを、「デザイン」で叶えるWebデザイナー募集!2aa77c0934a7cf1f7ebe054acdc6aef8_12c9099d9144091027229d7e533a4d2b-693x283

株式会社オプトの会社情報 この会社のすべての求人情報はこちらから

関連記事

  • CATALYST 2017.04.19
    賃貸住宅を貸す方と借りる方の「安心」をサポートし、 賃貸ライフの頼れるパートナーでありつづけるために、さらなる企業価値の向上を図っていく。丨全保連株式会社 代表取締役 迫 幸治
  • CATALYST 2017.03.14
    人を育てられる人を作る。 そうでないと企業なんて残っていかない|株式会社 御菓子御殿 代表取締役社長 澤岻 英樹
  • CATALYST 2017.03.08
    比較的早いうちにチャンスを得られるサービス業は最終手段ではなく、楽しい分野丨株式会社ロワジール・ホテルズ沖縄 常務取締役 総支配人 道上 浩之
  • CATALYST 2017.02.22
    沖縄のインターネット産業の未来を創る、 みんなで一緒に!|株式会社シーエー・アドバンス SEM事業部 事業責任者 安里 麻美