メイン
会社ロゴ

株式会社 タップ 沖縄事業所

私たちがやっていること

私たちがやっていること イメージ1
システムエンジニアは、メンテンナンス(保守)業務や、新しいシステムを開発します。
私たちがやっていること イメージ2
メンテナンス保守部門では、主に電話対応で宿泊施設からのお問い合わせに対応します。

株式会社タップは1987年創業。
弊社はフロントシステムや、予約管理システムなどホテルの運営に必要な
ホテル向け情報システムの「開発」「導入」「保守」をトータルで行っているIT企業です。

創業35年の歴史の中で蓄積されたノウハウと、
未来を見据えたシステム研究開発で業界トップシェアを誇ります。

タップシステムは、各ホテルのニーズに応えるカスタマイズ性の高さで
着実にシェアを伸ばし、現在では全国約1,000施設でシステムをご利用いただいています。
沖縄県内でも、テラスホテルズ様やカヌチャベイホテル様など
県内大手ホテル60施設以上で導入されています。

稼働開始したホテルシステムは24時間365日止めてはなりません。
その為保守管理はとても重要な業務です。
タップの保守管理部門は単なるコールセンター業務に留まらず、
日々更新されるホテルシステムの専門知識を持ち、
国内外の顧客(ホテル)からの問い合わせやトラブルに対応しており、
必要に応じてシステムエンジニアとの連携で素早い解決へと導きます。

私たちのビジョン

私たちのビジョン イメージ1
沖縄事業所の採用担当です。
私たちのビジョン イメージ2
グローバル人材の採用も積極的に行っており、現在は約10カ国の国籍の方が在籍しています。(写真はベトナム出身の社員です。)

「海外展開に向けて」
2017年以降は日本国内の宿泊施設だけでなく、
星野リゾートの海外拠点“星のやバリ”を皮切りに、海外ホテルへのタップシステムの導入を開始しました。
2020年現在でも、更なる海外拠点拡大に向け
海外ホテル向けのシステム開発や、外国人スタッフの雇用で社内をグローバル化。
今後、増加する海外顧客のサポート向上のため、既存スタッフの語学力向上に力を入れています。

社員の語学力スキルアップのサポートとし、TOEIC試験700点以上を取得した正社員には、
資格手当として基本給+スコアに応じた手当を2年間支給する制度をスタートさせました。

また、語学力の手当だけでなく、【JAVA資格】、【情報技術資格】などに関連した
エンジニア専門資格への手当制度も設け、社員のさまざまなスキル向上へのモチベーションアップへ繋げています。

「ホスピタリティサービス工学研究所」
タップには研究開発を専門とする部門があります。
こちらの研究開発エンジニアの部門では、
AI(人工知能)やデータ分析、自然言語処理、アプリケーションの開発など
様々な先進技術を駆使し、宿泊業界の未来に必要な仕組みの構築やシステムの開発等を推進しています。

私たちのスタイル

私たちのスタイル イメージ1
駐車場も完備しており、マイカー通勤が可能です。
私たちのスタイル イメージ2
業務に支障がなければネイルアートなどのお洒落も自由。皆思い思いのスタイルで出勤します。

タップは交代制で24時間稼働しているため、個人のデスクはなくフリーアドレス制。
出勤時は空いている席のパソコンにログインして業務を開始します。
新人社員はOJT担当の先輩社員と隣の席で座り、サポートしてもらいながら業務を行います。

エンジニアやユーザーサポートは基本的にお客様と対面しないため、服装や髪型は自由ですが、
外出や来客があるときには、オフィスカジュアルもしくはスーツで出社します。

タップのホテルシステムは専門性が高く、お客様のニーズに合わせてシステムも変わり続けるため、在籍年数に関わらず日々勉強が必要です。
しかし研修制度や給与、福利厚生が充実していることもあり、未経験からスタートしている社員も多数います。

採用に関しては事前に会社見学や業務内容の細かな説明も行なっています。
事前に会社説明することで、雇用後の就業に関するミスマッチが殆ど生じないところがタップの特徴です。

【※会社説明ご希望の際はお気軽にお問い合わせください。】

会社情報

会社名
株式会社 タップ 沖縄事業所
本社

沖縄県うるま市前原260-6

設立
1985年03月
資本金
8,000万円
代表者
代表取締役会長 林 悦男 代表取締役社長 林 武司
従業員数
200名 (男性7 : 女性3)
事業内容
【1】ホテル・リゾート・旅館運営などのコンサルティング
【2】TAP ホテルパッケージソフトの販売、ホテル・リゾート・旅館のシステム開発
【3】ホスピタリティサービスエンジニアリング
【4】ASP方式(クラウド方式)によるソフトウェアの提供及びサーバーの運用保守管理
【5】タップ提供のホテルシステムのメンテナンス
【6】アウトソーシングの受託
売上高
229,000万円
沿革
1987年1月 ホテルシステム専門会社として創業1989年 6月
(株)タップに社名変更 本社を東京都千代田区へ移転
1989年12月 自社開発パッケージを斑尾東急リゾート ホテルタングラムより導入開始
1993年 3月 本社を東京都江東区へ移転
2001年 6月 ASP事業の開始
2002年 9月 沖縄事業所を浦添市に設置
2005年 6月 最新パッケージ JAVAシステムをホテルニューオウミより導入開始
2005年11月 沖縄県うるま市に沖縄事業所自社ビル完成移転
2006年 7月 プライバシーマーク使用許諾事業者認定
2007年 9月 創業20周年記念セミナー・パーティをホテルオークラ東京ベイにて開催
2007年11月 ASP・ホスティングデータセンターを東京都新宿区に新設
2008年 5月 代表取締役会長就任 林 悦男 代表取締役社長就任 清水 吉輝
2008年11月 第1回 タップITアワード 開催
東武ホテルレバント東京にて第1回表彰式を行なう
(これより毎年開催を行なう)
2009年11月 楽天トラベル新春カンファレンス2010に協賛
2010年4月 本社を東京都江東区マニュライフプレイス東陽町ビルへ移転
2010年10月 沖縄県にホテル研究所(現: ホスピタリティサービス工学研究所)を開設
2011年11月 ASP・ホスティングデータセンターを東京都江東区に開設
2014年4月 ASP・ホスティングデータセンターを横浜市戸塚区に開設
2017年1月 創業30周年を迎える
2017年1月 ホテル研究所を国立大学法人琉球大学内・地域連携推進機構・産学官連携棟へ移転
2019年3月 タップ・ホスピタリティ・ベトナム社を設立
関連会社
〇(株)ジェント(日本語学校運営、リース事業、その他)
〇Dalian PROCX Software Co.,Ltd(ソフトウェア開発、その他)
〇タップ・ホスピタリティ・ベトナム社
[英名:TAP HOSPITALITY VIETNAM COMPANY LIMITED](宿泊施設向け情報システムの開発、販売、導入、保守)
関連業界
URL
https://www.tap-ic.co.jp/

株式会社 タップ 沖縄事業所のアンテナレベル