メイン
会社ロゴ

有限会社 たじま屋

私たちがやっていること

私たちがやっていること イメージ1
創業63年のカバン専門店で、様々なブランドの接客・販売を行っています
私たちがやっていること イメージ2
たじま屋の商品発注は店頭スタッフが担当。自分たちの仕入れた商品が売れる瞬間に、やりがいを感じます。

「たじま屋」は創業63年のカバン専門店です。
沖縄市のセンター通り、今の「パークアベニュー」から雑貨屋としてスタートし、現在は沖縄県内に6店舗の店を構えています。

【たじま屋グループ店一覧】
・たじま屋本店 沖縄市一番街(沖縄で一番最初にできたアーケード)
・NET店 沖縄市一番街
・たじま屋サンエーメインプレイス店(サンエー那覇メインプレイスSC1F)
・たじま屋サンエー西原店(サンエー西原シティSC1F)
・たじま屋サンエー具志川店(サンエー具志川メインシティSC1F)
・たじま屋イオン那覇店(イオン那覇SC2F)
・ソーニョ・レガーロ TAJIMAYA店 (イオンモール沖縄ライカム店)
・TAJIMAYA・パルコシティ店(今年、夏オープン予定)


カバン専門店として、男性に人気のカバンブランド「PORTER(ポーター)」をはじめとした数々のブランドを取り扱い、雑貨や靴、財布などの商品も数多く取り揃えています。

実は「たじま屋」の店頭に置く商品は、すべて現場スタッフが決めています。
"「たじま屋」で働くすべての人に良き商人であって欲しい"という想いから、現場のスタッフに「自分たちが普段接しているお客様が何を求めているのか」を考えてもらい、商品選びお任せしています。

私たちのビジョン

私たちのビジョン イメージ1
商品選びは真剣に。お客様が何を求めているかを考えながら、仕入れの打ち合わせを念入りに行っています。
私たちのビジョン イメージ2
店内のコーディネートはスタッフが考えて配置。季節に応じて変えています。

私たちは、「商品・サービスを通して、人々のより楽しみに満ちた意義深い生活にお役に立つこと」を目標に今日まで歩んでまいりました。目標を実現するため社是の「至誠」、商業界の「商売十訓」を掲げ、日々業務に取り組んでいます。

今商売は大きい転換期を迎えていると感じています。そんな中で、私たちは「損得より先に善悪を考えられる人材」を育てていけるよう、日々邁進しております。

また、時代にあわせ、公式サイトでの通販や、ブログの運営、メールマガジンなどといった、web事業にも力を入れています。

地元で長くやっているからこそ"地元にも貢献したい”という想いから、現在は、沖縄の伝統工芸品をつかった財布や名刺入れなど、沖縄オリジナル商品の開発にも力を注ぎ、沖縄県という場所から全国へ発信するブランドとなるべく、展望を掲げています。

私たちのスタイル

私たちのスタイル イメージ1
スタッフ同士仲が良いので、土日も交代で休みを取ることもできます。写真中央は社長の古謝です。
私たちのスタイル イメージ2
店長の誕生日祝いを兼ねて懇親食事会を行いました。

カバンだけでなく、雑貨や小物もすべて商品調達は現場スタッフが決めているので、自分たちの選んだ商品が売れていく喜びを感じながら日々仕事をしています。

スタッフは皆仲が良く、土日休みがとりづらい接客業では珍しく、スタッフが交代で土日にも休みが取れるように調整しています。

社長は面接のときに、能力よりも人柄を重視します。現場スタッフには「社長が面白くて会社に入ることを決めた」というほど。働きやすく、居心地の良い安心感のある会社です。

また、独自の福利厚生も魅力のひとつ。特に、好きな資格を会社負担で取らせてくれる「通信制度」は、今後のキャリアアップや趣味にも活かすことができます。

【独自の福利厚生】
・通信教育制度
販売に関わる資格だけでなく、リストに載っている資格ならどんな資格でも会社負担で勉強することができます。カラーコーディネーターや話し方講座、アロマセラピストなど、多種類の資格を取得することができます。また、合格者には商品券のプレゼントも。

・社会保険はパートさんにも
6時間以上働いていれば、社員さんはもちろんパートさんにも社会保険を付与しています。

他にも、表彰制度や健康診断、財形制度、誕生日に商品券がプレゼントされるなど、充実の福利厚生となっています。

会社情報

会社名
有限会社 たじま屋
本社

沖縄県沖縄市中央1丁目2番7号

設立
1984年07月
資本金
500万円
代表者
代表取締役 古謝源生
従業員数
34名 (男性2 : 女性8)
事業内容
カバン、ハンドバッグ、靴、財布、雑貨の小売
売上高
45,000万円
沿革
創業64年、法人化第35期。沖縄市センタ-通り(現パ-クアベニュ通り)でス-ヴェニヤの雑貨店として創業。復帰後、沖縄市一番街でかばん、バッグの店舗を展開、その時に、当時、日本一かばんの生産地である但馬地方(兵庫県豊岡市)から、会社名は拝命し、但馬屋、タジマヤ、たじま屋と変わりました。今は、サンエ-SCに3店舗、イオン那覇SC、沖縄ライカムに出店、今夏オープンのパルコシティSCに出店準備中。
関連業界
URL
https://www.tajimaya.co.jp/

有限会社 たじま屋のアンテナレベル