メイン
会社ロゴ

一般社団法人 羽地漁業観光センター

私たちがやっていること

私たちがやっていること イメージ1
さまざまな経験を持つ当センターのメンバー
私たちがやっていること イメージ2
皆様のご参加を心よりお待ちしています(横山理事)

私達「一般社団法人 羽地漁業観光センター」は、
漁業を知り、漁業の楽しさを体験する観光スタイルである「ブルー・ツーリズム」の
促進を目指し、2020年に発足したばかりの全く新しい組織です。

私達が提案するブルー・ツーリズムは、沖縄最大の魅力である「海」を中心に据え、
訪れるゲストに「泊」「遊」「食」を複合的に組み合わせることで、
今までにない極上のエクスペリエンスを提供することを目的としています。

「泊」については、2021年春に「VillaSuite屋我地アンサンブル」をオープン。
沖縄をイメージさせる赤瓦の独立式ヴィラには、全戸プライベートプールやキッチンを
完備するほか、うち2棟には100年の歴史を有するヴィンテージのグランドピアノなども設置。
アクティブ派にもチル派にも、それぞれに見合った快適な滞在を約束いたします。

また、「遊」については、釣り船(遊漁船)や免許なしに操船できるゴムボートを
活用しての釣り体験をはじめ、地元漁師とのコミュニケーションも楽しめる定置網漁や
刺し網漁体験、ヴィラから徒歩2分の距離に位置するビーチで行うピクニックビーチや
ミニヤギとの触れ合いも魅力のビーチヤギヨガ(!?)など、ゲストの滞在を鮮やかに彩る予定です。

さらに、「食」については、ゲストのリクエストに応じて目の前で調理する出張シェフサービスに力を入れます。
お客様自らが釣った魚などを調理して食べることも出来ます。
出張料理を手掛けるのは、県外・県内で和食を中心に様々な修行を積んだ一流シェフ。
また、もう一つの「食」の柱として、「羽地海人デリ」の運営を行っております。
羽地海人デリは、地元の漁師が獲ってきたお魚を使用した海鮮食堂です。
「羽地の駅」にある食堂のため、観光客や地元の方たちなどで賑わう店舗です。

これら「泊」・「遊」・「食」を横断的に提供することで、今までにない新しい沖縄の
価値・魅力を国内外のゲストに提供していきたいと考えています。

私たちのビジョン

私たちのビジョン イメージ1
建築中のVillaSuite屋我地アンサンブル(宿泊施設)
私たちのビジョン イメージ2
波穏やかな羽地内海と虹

「ブルーツーリズム」の実践には、地域の漁業組合や海人の方々の協力が不可欠。
私達が提供する食事、サービスを通じて、「沖縄の魚介類」に改めて脚光を集め、
漁業従事者にとってさらなる仕事への誇りとやりがいを生み出し、そして「魚離れ」の
現状を食い止めることで第一次産業自体の魅力も向上して参ります。

具体的な事業展開としては、2021年3月オープンを予定している5棟のヴィラの食事サービスを提供しつつも、より大きな需要にも応えていける体制を目指しています。

「羽地人デリ」では、羽地内海周辺で獲れた新鮮魚介をふんだんに盛り込む「羽地海鮮丼」を中心に、調理過程で発生する端材をミンチにした「魚味噌」なども開発することで、
羽地の魅力を最大限に訴求します。さらに、フードロス低減にも積極的に努めていくなど
全方向でチャレンジングな取り組みを行っていきたいと考えています。

コロナ禍により、従来型の世界とは物事の価値や旅に対する意識も大きく変わってくると
思います。アフターコロナの新たな需要に対応できるよう、私達自身が柔軟な思考と
軽いフットワークで取り組んで参ります。

私たちのスタイル

私たちのスタイル イメージ1
会話から事業を構築していく独自のスタイルを採用
私たちのスタイル イメージ2
地元漁師との定期的な懇親も大切な業務

わたしたちの仕事は、地域との連携なくして成り立ちません。
そのため、地域の協力を得、地域の人々をも巻き込んだ大きな潮流を創り上げて参ります。

そういう意味において、漁協関係者や海人との交流も非常に重要。
定期的な懇親会などを通じて地域に溶け込むなど、オンもオフも「沖縄色」にどっぷりと
染まっていただけると思いますよ♪
IターンやUターンなども歓迎しており、移住のための物件探しや家賃交渉といった
各種サポートも充実。
沖縄の暮らしに憧れを持っておられる本土出身者にも最適だと思います。

事実、わたしたちのメンバーも、地域に根差した者から内地出身の者まで多彩な顔触れ。
前職も大手企業出身者や釣りインストラクター、ピアノ演奏家やSEなどさまざまで、
異なる視点を持ったメンバーが意見を出し合い、一つのカタチとして醸成している過程です。

また、日々の業務についても個々のメンバーがそれぞれのデスクでPCに向き合うのではなく、
大きなテーブルを囲う形で仕事に向き合い、「話すこと」を重視した経営を心掛けています。
個々の知見や個性、経験を組み合わせ、少人数の全く新しい組織だからこその強みを遺憾なく
発揮して参ります。

スタートを切ったばかりの組織ゆえ、
「ここまでは●●さんの仕事」
「ここからは●●さんの仕事」
という細かな区切りはなく、互いが互いを支え、共により良い事業のカタチを
築ける方を求めています。

全てのスタッフが、自分の仕事に責任と自負を持ち、自ら考え行動する事で、
仕事の価値を生み出し、ご利用いただけるゲストの満足を共に創り上げて参りましょう!

会社情報

会社名
一般社団法人 羽地漁業観光センター
本社

沖縄県名護市真喜屋648-2

設立
2020年02月
代表者
代表理事 柏﨑昭彦
従業員数
11名 (男性9 : 女性1)
事業内容
漁業観光を中心としたブルー・ツーリズム促進事業
関連会社
合同会社ユーモレスク
関連業界

一般社団法人 羽地漁業観光センターのアンテナレベル