メイン
会社ロゴ

株式会社大川(経営企画部・開発部)

私たちがやっていること

私たちがやっていること イメージ1
県内中心にインテリア事業を行っています。2019年、古島、PARCO CITY、そして今帰仁に新店オープン!
私たちがやっていること イメージ2
皆様のご応募お待ちしております。

株式会社 大川は沖縄県内の家具とインテリア企業として、本年度58年目を迎えました。

もともとは国内で生産されている家具の販売を中心とした家具店でしたが、
今は自社開発のオリジナル商品やブランドの構築に力を入れています。
2019年には古島、PARCO CITY、今帰仁の拠点に新業態を開業しました。
ホテルや民泊といった商業施設向けの事業も成長しています。

これから、さらなる進化のためにも市場と自社を見極めるマーケティング力と
社内の経営基盤の安定化をしていきたいと考えています。

私たちのビジョン

私たちのビジョン イメージ1
創業58年。県内インテリアリーディングカンパニーです。
私たちのビジョン イメージ2
次々と新しい店や商品ブランドを開発しています。

「沖縄に暮らすひとりひとりが、豊かになる暮らしを共に考え、共に創り上げる」
これが私達のビジョンです。

人々の暮らしは時代によって変わり続けます。
それでも、ひとりひとりが自分らしく豊かさを感じるような社会であって欲しい。
私達は家具、インテリア分野のリーディングカンパニーとして、
沖縄に暮らす多様な人達の豊かな時間をサポートしていきたいと考えています。

たとえば、
一生もののいい家具なら THE GRACE
お買い得な家具なら TODAY O!K
センスよく暮らしたいなら maxplus
家具のリサイクルなら ReOK
ホテルや民泊の相談なら 外商部
介護ベッドなどの相談なら 福祉事業部

というように複数の店舗や事業形態を開発しているのもそのためです。
細やかに県民の暮らしに寄り添いつづけ、
これからは積み上げたノウハウを活用して沖縄から外にも発信していくことを目指しています。

私たちのスタイル

私たちのスタイル イメージ1
他部署との交流も活発です。
私たちのスタイル イメージ2
大川オリジナルブランド「OHAYO!」

◆私たちのプロフィール

平均年齢は30代前半でベンチャー的な活気があります。
常に新しいことを模索するこの姿勢は、老舗企業というイメージからは
想像もつかないと思います。

その一方、「しっかり休む」ということもモットーにしており
休日を設け、残業もできるだけ減らせるようにしています。
きっちり働き、きっちり休む。それが私達のスタイルです。

会社情報

会社名
株式会社大川(経営企画部・開発部)
本社

沖縄県沖縄市与儀3-20-1

設立
1969年12月
資本金
4,575万円
代表者
外間幸一
従業員数
206名 (男性4 : 女性6)
事業内容
ホームファニシング(店舗運営)事業
コントラクト事業
住宅リフォーム事業
リサイクル事業
配送・運搬事業
福祉用具販売事業
沿革
1961年 那覇市安里にて家具販売店「大川家具」を開設
1980年 輸入貿易開始
1983年 生活雑貨の「ZOO」開店
1983年 倉庫バーゲンセンター「POW POW」開店
1984年「ビビホームオオカワ 那覇店」開店
1984年「ヤマハ家具ショップ」開店
1985年 生活雑貨の店「ママイクコ沖縄店」
1988年「民族工房」「コーラベル」「ママイクコ那覇店」開店
1989年 輸入ショップ「NAHA-BI」開店
1993年 創業地の「本店」を「国際通り本店」へ改名
「ビビホームオオカワ那覇店」を増築
1994年「ビビホーム中部店」開設
1997年「ビビホーム中部店」を「Furniture To Go O!K」へ改名
1998年「ビビホーム那覇店」を「Furniture MAX大川家具」へ改名
2002年「国際通り本店」跡地を「COMO CONCEPT」に改名,開設
2004年「COMO CAFE」を「うちゆくい」としてリニューアル
2006年 古島の「ファニチャーマックス大川家具」を「maxplus」へ
2008年 1997年にオープンした「Furniture To Go O!K」を
「TODAY O!K」としてリニューアル
2008年 Furniture To Go O!Kの敷地拡大
「Living Design SQUARE awase」をオープン
2009年 中古家具の委託販売事業「ReOK」をスタート
2010年 九州にて「介護ショップ 助さん・たくさん」開業
2014年 ベンリーと業務提携を開始
2016年 happy minutes(外商サービス)開始
関連業界
URL
http://o-kawa.jp

株式会社大川(経営企画部・開発部)のアンテナレベル