会社ロゴ

株式会社 山清工業九州

会社情報

会社名
株式会社 山清工業九州
本社

熊本県菊池市七城町蘇崎字植木山1241-7

設立
1991年01月
資本金
6,000万円
代表者
木下孝典
従業員数
20名
事業内容
AIや自動運転などに必要なICを作るための
半導体製造装置の設計・組立・調整検査・国内外メーカーへの据付
沿革
1991年07月 ㈱山清工業九州設立(名古屋から初めての生産拠点)。 トヨタ自動車㈱殿の九州進出に伴う品質面・物流面での対応
1992年12月 トヨタ自動車九州㈱殿向けマークⅡパワーステアリング配管の生産開始 (山清工業㈱支援)
1996年04月 ㈱メッツ殿より、本田技研工業㈱殿向け二輪車用アルミダイキャスト品後加工生産開始
1998年04月 東京エレクトロン九州㈱殿、半導体製造装置の組立稼動開始。半導体工場完成
2001年06月 ISO9001 認証取得 (半導体装置組立部門)
2002年01月 ㈱フタバ伊万里 (※現 ㈱フタバ九州)殿より、本田技研工業㈱殿向け汎用エンジン用マフラー組付生産開始
2002年06月 アイシン九州㈱殿より、ドアロック部品受注納入開始
2003年03月 タカタ九州㈱殿向けカーテンエアバッグ部品の生産開始
2003年12月 光洋精工㈱豊橋工場殿より、トヨタ自動車九州㈱殿向けクルーガーPSリターン配管組付移管生産開始
2005年12月 TPM優秀賞 第2類受賞
2007年07月 ㈱ジェイテクト殿よりダイハツ九州㈱殿向けD91B パワーステアリング配管移管生産開始
2007年08月 東京エレクトロン九州㈱殿合志事業所構内にて半導体製造装置の組立開始
2007年11月 ㈱ジェイテクト殿より、ダイハツ九州㈱殿向けD55B パワーステアリング配管移管生産開始
2009年01月 東京エレクトロン九州㈱殿、洗浄装置のユニット、本体装置の組立開始
2009年03月 フタバ産業㈱殿より、本田技研工業㈱殿向け汎用エンジン用マフラーコンプ生産開始
2010年04月 東京エレクトロン九州㈱殿、洗浄装置の一貫生産開始 (設計~出荷・客先での設置)
2011年12月 半導体クリーン工場増築 (5期)
2013年04月 ㈱フタバ九州殿より、品質優秀賞を頂く。(8年間客先不良“0”)
2013年10月 ㈱フタバ九州殿より、マツダ㈱向け、アクセラ 排熱熱回収器用ウォーターパイプ生産開始
2014年04月 横浜ゴム㈱殿より、マツダ㈱向けパワーステアリング配管移管生産開始
2015年03月 山清工業㈱より、ソケット切削加工移管生産開始
2016年08月 ㈱三福より、日産向けEGR-TUBE生産開始
2016年10月 ㈱松田精機より耐熱ニップル切削加工移管生産開始
2017年05月 半導体製造装置組立新工場完成(林原工場)
2017年10月 熊本県より働きやすさが認められ「ブライト企業」の認定を受ける
関連業界

株式会社 山清工業九州のアンテナレベル