メイン
会社ロゴ

株式会社mediba seasorizeカンパニー

私たちがやっていること

私たちがやっていること イメージ1
沖縄産業支援センターが仕事の舞台
私たちがやっていること イメージ2
seasorizeという独自ブランドで業務にあたります

国内トップクラスの有料会員数を誇る「auスマートパス」。
その企画や開発、編集といった運営全般に関わるのがわたしたちmediba(メディーバ)です。

「auスマートパス」のほか、「au Webポータル」や「ポイント貯める」、
「auゲーム」や「au占い」といった各種au関連サービスの運営を通じ、
「必要な時に必要な情報に素早くアクセスできる」環境づくりに取り組んでいます。

一方、社内カンパニー制が導入された沖縄支店は、2016年11月より
「seasorize(シーソライズ)」というカンパニー名を冠した独自ブランドとして活動を開始。

「auスマートパス」をはじめとする各種情報の更新や審査、動作確認や安全性の担保などを通じ、
1,500万名を超えるauスマートパスユーザーに快適で豊かな利用環境を提供しています。
さらに、mediba経由の業務に加え、KDDIグループを直接のクライアントとする業務にも尽力。

『au PAY』や『三太郎の日クーポン』など、沖縄を拠点に全国レベルのサービスを提供することで
ユーザーエクスペリエンスをさらに素晴らしいものに変革できるよう日々挑戦しています。

私たちのビジョン

私たちのビジョン イメージ1
長濱カンパニー長(左)と兼城副カンパニー長(右)
私たちのビジョン イメージ2
支え合いながら共通のゴールに向かって進みます

わたしたちseasorizeは『ヒトに" HAPPY"を』をミッションに掲げています。
世界中で営まれる一人ひとりの様々な生活を想像して活動を行うことで
seasorizeに関わる全ての" ヒト"に対して幸せをお届けしたいと考えています。

また、ビジョンとして
『沖縄から、お客さまのビジネスをプロフェッショナルとして支えます。
ひとりひとりが支え合い、安心して働ける企業を目指します。』を挙げ、
仕事への真摯な探求心と、相互協調の姿勢で仕事に取り組んで参ります。


昨今の話題となっているQR決済サービス『au PAY』にも当社が大きく関わりましたが、
担当チームだけでは手が足りないほどの巨大案件。横断的に各チームが手を取り合い
グループ全体で成し遂げて参りました。

どれだけ優秀なスタッフであっても、一人の力には限界があります。
互いを尊重し、高め合い、支え合って仕事に取り組めるよう、
より良好な職場環境を構築していきたいと考えています。

さらに、BPOという業務をプロフェッショナルとして突き詰め、見つめ直し、
沖縄発となる新たなサービスへと昇華できるよう着実に歩んで参ります。

私たちのスタイル

私たちのスタイル イメージ1
メンバーの家族も交えて盛り上がる社内イベント
私たちのスタイル イメージ2
メンバー全員で新年祈願を行いました

地方支店や地方事務所というと、企業内の下流工程を担うというイメージがありますが、
medibaやKDDIが当社に求める役割は根本的に異なります。

常時数名のseasorizeスタッフが、mediba本社やKDDIへ異動・出向という形で在籍。
数か月から1年程度という期間で多彩な知識・技術を身に付け、
沖縄に持ち帰ることでseasorize全体の底上げを図っています。


一方、ひとたび仕事を離れると、全力でオフタイムを楽しんでいます。
各種サークル活動に補助を設けており、釣りやフットサル、ボードゲームなどが活動中。
『普段接点のないメンバーともコミュニケーションが取れる』と好評を得ています。

さらに、レクリエーション費としてスタッフ1名あたり7,000円を用意。
チームの一体感を醸成させるため、ボーリングやトレッキングをグループ単位で企画したり、
敷居の高い最高級ホテルランチに行ったりと、それぞれで楽しんでいます。

また、夏の周年祭、年末の納会、3月末の期末会という年3回のイベントは
若手メンバーが中心となって企画や準備を担当。参加者をいかに楽しませるかに
重きを置いて、この日ばかりは役職や年齢を忘れてみんなで楽しんでいます。

20代や30代が活躍するseasorizeは、とにかく明るく活気に溢れており、
この雰囲気に惹かれて入社してくれるスタッフも多いことから
皆様もきっとすぐに馴染んでもらえると思います!

会社情報

会社名
株式会社mediba seasorizeカンパニー
本社

沖縄県那覇市字小禄1831-1 沖縄産業支援センター5F

設立
2000年12月
資本金
103,500万円
代表者
代表取締役社長江幡 智広
従業員数
431名 (男性5 : 女性5)
事業内容
KDDI 株式会社の auスマートパスを中心としたau関連サービス運営の他、国内外にてカルチャー・ゲーム・子育て等、幅広い分野でサービスを展開し、ユーザーがインターネットを通じて必要な時に必要な情報にアクセスできる環境づくりのためのサービスを提供しています。
※auスマートパス はKDDI 株式会社の商標または登録商標です。
沿革
2000年12月 エイワンアドネット設立(現株式会社mediba)
2001年3月 広告商品商用サービスの提供開始
2004年6月 社名をmedibaに変更
2006年5月 EZホットインフォ(メール広告)配信開始
2007年9月 KDDIが提供するケータイとPCが一体化したポータルサイト「au one」の編成を開始
2010年3月 フィーチャーフォン向けアドネットワーク提供開始
9月 フィーチャーフォン向けサンプリングサービスを提供開始
2011年3月 スマートフォン向けアドネットワーク「mediba ad」を提供開始(2015年3月末サービス終了)
6月 Android(TM)とPC向け女性向けサイト「スマホガール」を提供開始(2016年11月末サービス終了)
8月 沖縄支店開設
2012年3月 KDDIが提供する「au スマートパス」編成を開始
KDDIが提供する「au スマートパス」向けに、サンプリングサービスを提供開始
6月 ベトナム駐在事務所開設8月渋谷ヒカリエにオフィスを移転
12月 スマートフォン向け推奨型広告配信を提供開始
2013年6月 KDDIが提供する「au スマートパス」と「au ポータル」を統合、リニューアルを実施
10月 mediba CREDO誕生
2014年4月 関西営業所開設
10月 スケールアウト株式のKDDIへの譲渡、medibaの一部事業の株式会社スケールアウト(現Supership株式会社)への吸収分割
2015年10月 関西営業所移転(2018年4月Supership株式会社に吸収)
12月 WEBメディア「Z TOKYO」を提供開始(2019年1月サービス終了)
2016年1月 WEBメディア「camily」を提供開始(2019年8月末サービス終了)
4月 株式会社AppBroadCast株式取得ベトナム市場向け会員特典サービス「mGift」を提供開始(2018年12月末サービス終了)
「auゲーム」事業をKDDIより移管
11月 沖縄支店に社内カンパニー制を導入、カンパニー名を「seasorize(シーソライズ)」と命名
2017年5月 株式会社AppBroadCast吸収合併
10月 UQモバイル向けポータル「UQライフ」を提供開始
12月 チャット占いアプリ「au占いアプリ」を提供開始
2018年4月 mediba CREDO改定
広告販売業務をSupership株式会社に委託
5月 WEBメディア「Open Doctors」を提供開始
2019年1月 住友不動産六本木グランドタワーにオフィスを移転
関連業界
URL
https://www.mediba.jp/

株式会社mediba seasorizeカンパニーのアンテナレベル