メイン
会社ロゴ

株式会社 琉球新報社

株式会社 琉球新報社の求人 31〜3件目を表示

1〜3件目を表示
  • カメラマン
  • 正社員
  • 国際通り周辺

新聞の主役は記事ですが、記事を彩る報道写真も大事な役割を果たしています。 撮影の現場はどこも生きていて、流れているものなので、見えている瞬間、時代を切り取ることが一番大事な仕事です。 例えば、スポーツの決定的な瞬間を「切り取る」。 インタビューなら、話してくださっている人の一番その人らしい表情もしくは意外な表情を「切り取る」。 機材一式はとても重たく、体力勝負の仕事でもあります。 でもだからこそ「その瞬間を切り取れた」時の喜びは、とても大きいです。 新聞社のカメラマンの仕事は、美しい写真を撮ることではないので、構図を決めて、絵づくりして、設定にもこだわって・・・というような方には向いていません。 琉球新報社では総合職として採用された社員が、人事異動で写真映像部に配属され、そこから写真のことを覚えていくケースがほとんどです。 今回カメラマン経験者を採用するので、即戦力としてすぐに現場で活躍していただくことを期待しています。 男性が多いカメラマンの世界ですが、女性も増えてきています。 優しい視点や取材対象者を和ませるなど、女性らしさをいかすこともできる職業です。 琉球新報社で紙面を彩る写真を撮りませんか? あなたのご応募をお待ちしています。

仕事内容

報道カメラマン

求める人材

探究心・チャレンジ精神にあふれる元気な人

勤務地

沖縄県那覇市泉崎1-10-3

給与

月給 202,500円〜

  • 報道記者
  • 正社員
  • 国際通り周辺

新聞記者という仕事は、その日にやった仕事の成果が翌日の紙面に出ます。 自分の仕事への評判や反響がすぐに明確に分かる、とてもやりがいがあり、大きな責任を伴う仕事です。 琉球新報社には、自主性を重んじ、多様性を尊重する社風・文化があります。出稿案や掲載された記事に対して、上司や同僚から意見や指摘をもらえることも多いですが、頭ごなしに否定されることはありません。記者の「何をやりたいのか」「何のために書くのか」という思いが重視される、寛容性を感じられる職場です。 「紙面は時代を映す鏡」 最前線で取材活動をしている人が一番よく知っている、という考え方なので、現場の意見がきちんと尊重されています。自身の関心事について大型企画として特集を組めるチャンスも転がっています。 「ジャーナリストになりたい!」「権力と闘うぞ!」という使命感のある人だけでなく、暮らしの細かいところに気を配るような人、趣味や特技を生かせるような人、いろんな人が入社してほしいと思っています。 中途採用で琉球新報社を受ける方は、経験があってこういう取材がしたい、という目的がはっきりしている方なのかと思います。日々やらなくてはいけない業務はありますが、もともとあるモチベーションを大切にしてもらえれば良いなと思います。 (宮城隆尋 記者) 米国の政治の中心地であり、そして世界中にその政策が影響を与える首都ワシントンDCには、世界各国の特派員がいます。 その中で、琉球新報社のワシントン特派員は、米国内の政治、社会の動きを「沖縄の視点」から報じる仕事です。 特に、日本の大手メディアが伝えない情報、沖縄にある米軍基地に関連する動きをカバーするのが大きな仕事ですので、国務省、国防総省、米連邦議会、米メディアの動きなどを日々追い掛けています。 琉球新報社は仕事に女性、男性は関係ない職場で、産休・育休取得後に活躍する記者も数多くいます。 さまざまな経験やバックグラウンドが記者にとって、多様性のある紙面作りを行う上ですごくプラスになります。 一方、社内で「おじさんの壁」「古い考え方の壁」に直面することは多々あります。その「壁」に対して、読者にとって何が必要かという基軸と柔軟性を持って、プラスの方向に変えていける人材が必要とされています。 (座波幸代 ワシントン特派員) 自由闊達な琉球新報社で、一緒に紙面づくりをしませんか?

仕事内容

新聞記者

求める人材

探究心・チャレンジ精神にあふれる元気な人

勤務地

沖縄県那覇市泉崎1-10-3

給与

月給 202,500円〜

  • デザイナー
  • 正社員
  • 国際通り周辺

紙面の記事に添えられるグラフや地図などの「インフォメーショングラフィックス」を作るのが、新聞社でのデザイナーの主な仕事です。 たくさんの情報量の中から、必要とされている情報を分かりやすく伝えることが、インフォメーショングラフィックスの役目。 インフォメーショングラフィックスは、伝わらないと意味がありません。 かっこいい絵が描ける!とか美しいデザインが作れる!ということよりも、読む側の立場になって分かりやすくしたい!というサービス精神や優しい気持ちが大切です。 新聞社のデザイナーは、購読者からの反響もあり、毎日達成感を積み重ねることができる仕事です。 琉球新報社は、仕事をどーんと任せてチャンスを与えるスタイルなので、自分で工夫しながら色々なアイデアを試したり、やりたいことを提案したりすることも可能です。 また新聞紙面のデザインだけでなく、プロモーショングッズや公式キャラクター「りゅうちゃん」グッズなど、かなり幅広いモノのデザインに携わることができます。 グラフィック編集ソフトの基本的な操作方法は基礎知識として必須ですが、インフォメーショングラフィックスの経験者ではなくても大丈夫。むしろ新聞業界未経験ならではの視点で、新聞デザインに新しい風を吹かせてくれるデザイナー仲間を募集します! ものづくりが好き、伝えることが好きという皆さまのご応募をお待ちしております。

仕事内容

新聞デザイナー

求める人材

探究心・チャレンジ精神にあふれる元気な人

勤務地

沖縄県那覇市泉崎1-10-3

給与

月給 202,500円〜

株式会社 琉球新報社の求人 31〜3件目を表示