メイン
会社ロゴ

株式会社西建設

私たちがやっていること

私たちがやっていること イメージ1
沖縄県内の木造住宅の建築を請け負っております。
私たちがやっていること イメージ2
安心・安全な天然木で、今も未来も家族と一緒に過ごす家を

私たちがここ沖縄で仕事をするようになったのは今から約15年前。
きっかけは福岡県内で60年ほど続けてきた伝統的な木造建築の仕事を那覇市内で依頼されたことでした。

日本で受け継がれてきた伝統の技を習得した宮大工*として、首里城や宮古神社・識名宮などの修繕や復元にも携わって参りました。
そこでの経験や、培った技術を沖縄の家づくりにも生かしております。

現在は、主に沖縄本島の個人住宅や、離島での神社やお寺・鳥居などの建築を請け負っております。

創業から48年間培ってきた職人技に、時間とコストの効率化を図った機械技術を合わせたバランスの良い家づくりを常に心がけています。

*沖縄ではあまり聞きなれない職種だが、神社や寺の建築、文化財の補修などを専門に行う大工のことを指します。

私たちのビジョン

私たちのビジョン イメージ1
吸水性が低く、湿気に強いとされる宮崎県産の「飫肥(おび)杉」を使った家づくりをしています。
私たちのビジョン イメージ2
「木を見ただけで完成後のイメージが湧いてくる」と話す西 武彦社長。

-天然木の家で毎日を心地良く-

沖縄の自然環境は、九州以北とはまったく異なります。
そのことを、私たちは伝統的な木造建築に携わる中で目の当たりにしてきました。
シロアリ被害や台風被害を受けないための対処方法などを、文化財と呼ばれる建物から学び、地元の大工さんたちと知識と技術を蓄積しながら、木造の住まいをつくって参りました。

木を組み立てるだけでなく、樹齢などの特性を見極めて“木を生かす”ことが大工の役目。
また、比較的自由度の高いプランニングができるのも、木造建築ならでは。
規格化されていない、オンリーワンの快適な住まいをお客様にご提案し続けるために、技術も日々磨いております。

私たちのスタイル

私たちのスタイル イメージ1
心安らぐ快適な住まいを
私たちのスタイル イメージ2
大黒柱のある和室

「宮大工による伝統建築」
「日本建築の伝統と美を後世に継ぐ」
「伐採後も木を生かす」
というのが私たちの想いです。

自然とともに暮らすという、天然木ならではの心地よさ・癒しの時間を提供し、
伝統や技術を、後世にも引き継いでいきたいと考えています。

地元沖縄の職人を育て、ゆくゆくは彼らが沖縄で技を伝承していけるようになるのが望みです。

会社情報

会社名
株式会社西建設
本社

沖縄県島尻郡八重瀬町安里322-40

設立
1971年03月
代表者
代表取締役 西武彦
従業員数
5名
事業内容
木造住宅建設
その他リフォーム
関連業界
URL
http://www.nishikensetu.com/

株式会社西建設のアンテナレベル