メイン
会社ロゴ

あいレディースクリニック

私たちがやっていること

私たちがやっていること イメージ1
沖縄市美里の交差点にある花ブロックが印象的な建物がクリニックです
私たちがやっていること イメージ2
系列のあいあい保育園は企業連携型として働くお母さんをサポート

私たち「あいレディースクリニック」は沖縄県沖縄市にある産婦人科です。

妊婦健診から分娩まで、お母さんと赤ちゃんの命をお預かりしています。また一般的な婦人科診療や不妊治療も行い、沖縄の女性のサポートに全力を尽くしている産婦人科です。

「お母さんの幸せ、それは家族の幸せ」が理念で、お母さんが幸せで元気であることが家族の幸せを築くという考えに基づき、お母さんの幸せを作るための事業展開を行なっています。

「あいあい保育園」という企業連携型保育園を運営しているのも、その1つ。
小さな子どもがいるスタッフも安心して働けるように、お母さんの幸せを追求して考えるうちに保育園の必要性を痛感して、ついに2018年1月から保育園をオープンしました。

また院内にエステサロンを併設しているのも、美容皮膚科と提携しているのも同じ理由。
腰が痛くなったり肌トラブルが起こったり、妊娠中・そして産後のお母さんが安心してリラックスできる空間として作りました。

クリニック、保育園、エステサロン。
全てはお母さんが幸せであることが家族を幸せにする、という考えに基づいているのです。

私たちのビジョン

私たちのビジョン イメージ1
家族の幸せをクリニックみんなで支えます
私たちのビジョン イメージ2
待合室には、子どもたちに大人気の秘密基地!

「お母さんの幸せ、それは家族の幸せ」
院長・北條の思いがギュッと込められたこの理念が当院のビジョンです。

赤ちゃんが心身ともに健やかに育つには、まずはお母さんが心身ともに元気で幸せであることがとても大切です。
お母さんが疲労困憊していると、赤ちゃんも家族も幸せになれません。
まずはお母さんを全力でサポートして、お母さんが元気になることで、赤ちゃんへも愛情を注ぎ育てることが可能になっていくのです。
クリニックを開業したのは、そんな幸せなお母さんになって欲しいから。

私たちあいレディースクリニックでは、お母さん、そしてそのご家族みなさんのために努力を惜しみません。
お産は24時間365日。赤ちゃんが「そのとき」だと思ったときにお産は始まります。そのとき、がいつ来ても良いように私たちは待っています。

私たちのスタイル

私たちのスタイル イメージ1
院長がしっかりと担当いたします
私たちのスタイル イメージ2
たくさんの小窓の向こうは新生児室

まず院長の北條が開業するにあたりこだわったのは「検診から出産まで自分で担当する」ということ。

医師が複数名いる産婦人科だと、毎回検診の担当医が違ったり、実際の出産にもまた別の医師が担当したりすることが当たり前です。
でも妊娠〜出産は、お母さんにとっては人生の一大事です。
毎回の検診で同じ医師と顔を合わせてしっかりとした信頼関係を作り、実際の出産も同じ人が取り上げる。それが一番自然なことではないでしょうか。
当院ではいつも北條が担当します。

赤ちゃんのことをきちんと考えられていないのかな?と感じた時には、お母さんとみっちりお話をすることもあります。それは、お母さんに限らず、ご家族や、当院で働くスタッフでも同じです。
少しぶっきらぼうな話し方なので、聞き慣れない方にはきつく感じられることもあるようですが、赤ちゃんの命を一番に考えているからこそのスタイルなんです。

常に赤ちゃんのことを考えて、その赤ちゃんを育てるお母さんの幸せを追求する。
それが家族みんなの幸せにつながると信じています。

会社情報

会社名
あいレディースクリニック
本社

沖縄県沖縄市美里4-17-7

設立
2012年10月
資本金
1,000万円
代表者
院長 北條英史 
従業員数
30名 (男性1 : 女性9)
事業内容
産科・婦人科・小児科
関連会社
スマイリング株式会社(保育園事業・エステ事業)
関連業界
URL
http://ai-ladies.com/

あいレディースクリニックのアンテナレベル