メイン
会社ロゴ

沖縄都市モノレール株式会社

私たちがやっていること

私たちがやっていること イメージ1
私たちは、「ゆいレール」を通じて沖縄の夢を結びます。
私たちがやっていること イメージ2
安全輸送の確保を最優先課題として日々取り組んでいます。

―人と街を結び、人と人を結び、人に優しい軌道系公共交通であり続けるー



「沖縄都市モノレール株式会社」の求人ページをご覧いただき、本当にありがとうございます。


私たち「ゆいレール」は、県内唯一の軌道系公共交通として、その責務と誇りをもって日々の業務に励んでいます。


2003年8月10日に開業した「ゆいレール」は、皆様のおかげをもって本年2017年8月には15年目に入ります。開業以来無事故を記録し続けると共に、乗客数も右肩上がりの増加を続けています。昨年2016年度には乗客数が1,700万人を突破するなど過去最高を記録し、累計乗客数2億人も目前という状況です。


定時性や利便性が沖縄県民に浸透し、通勤、通学、買い物等の足として定着してきていると共に、沖縄を訪れる多くの観光客にも広くご利用いただけるようになりました。


今後も安全輸送の確保を第一に掲げ、沖縄の発展に貢献して参ります。

私たちのビジョン

私たちのビジョン イメージ1
モノレールの安全・安心運行を守るのが我々の仕事です。
私たちのビジョン イメージ2
事故やトラブルを未然に防ぐことを使命と考えています。

―さらなる利便性向上と、都市機能発展を期して―



ゆいレールは那覇空港駅から首里駅まで全15駅で運営しており、建設キロは13.1kmを誇ります。
現在、平成31年の開業を目指し、「てだこ浦西駅」までの延長工事に取り組んでおり、完成した暁には総延長建設キロが17.2km、駅としては「石嶺駅」・「経塚駅」・「浦添前田駅」・「てだこ浦西駅」の4駅が加わり合計19駅へと大幅に事業規模が拡大することになります。


自動車交通に依存する沖縄県では、特に那覇をはじめとする都市部の交通渋滞や、それに伴う都市機能の低下、生活環境の悪化が問題視されてきました。ゆいレールは、交通渋滞を緩和し、健全な都市機能の維持・発展の一翼を担う公共性の高い交通ネットワークを今後も構築し続けて参ります。


新しい都市のカタチを、私たちと一緒に作り上げていきませんか?

私たちのスタイル

私たちのスタイル イメージ1
部門間での情報交換やコミュニケーションを大切にしています。
私たちのスタイル イメージ2
緊張感が求められる職場だからこそ、ホッと一息つく時間も必要です。

沖縄都市モノレール株式会社は、ゆいレール開業から数えて今年で15年目と、まだまだ新しい会社といえます。ここで働く人々の平均年齢も35~36歳程度と若く、上下関係は大切にしつつも、アットホームで和気藹々とした雰囲気があります。


新しく入った仲間には、仕事の流れが一巡するまでの半年から1年をかけ、先輩社員がマンツーマンで寄り添い、しっかりとした説明やフォローを行っていきます。そのため、未経験者も職場経験を通して一人前のスタッフに成長していただけるよう、万全の社内環境を用意しています。


一方、共済会が主催する夏や年末の飲み会は、勤務時間の異なる全社員が参加できるよう、3日間に分けて行われるなど社員間のコミュニケーション作りにも力を入れています。また、部署ごとに開催されるビーチパーティーや懇親会といった楽しいイベントも用意されており、公私ともにわたって充実した社会人生活をお送り頂けると考えています。

会社情報

会社名
沖縄都市モノレール株式会社
本社

沖縄県那覇市安次嶺377-2

設立
1982年09月
資本金
788,345万円
代表者
代表取締役社長 美里義雅
従業員数
194名 (男性9 : 女性1)
事業内容
軌道法による一般運輸事業
道路運送法による自動車運送事業
土地、建物及び施設の売買、賃借並びに建設業
駅施設等における食堂、売店及び店舗の経営並びに駐車場の経営
酒、たばこ、郵便切手及び収入印紙の販売
生命保険の募集に関する業務及び損害保険代理業
広告業
前各号に付帯する一切の事業業
売上高
358,684万円
関連業界
URL
http://www.yui-rail.co.jp/

沖縄都市モノレール株式会社のアンテナレベル