メイン
会社ロゴ

オパス株式会社

私たちがやっていること

私たちがやっていること イメージ1
沖縄のインフラを支えて、今年で45年目を迎えます。
私たちがやっていること イメージ2
沖縄自動車道西原インター近くに事業本部を構え、クルマでの移動も楽々!

-沖縄全域の道路や施設の安全環境を守り続けて、45年目を迎える老舗企業-

オパス株式会社は、国道・県道・市町村道の「道路維持管理・清掃業務」や沖縄県全域で、「白線」や「滑り止め舗装」、「ガードレール等の防護柵」、「各種標識」などの「安全施設設置工事」、「土木工事」を中心に行なっています。

よく知られた施工現場としては、「道路維持管理・清掃業務」としては、国道329・330・58号線にて業務を行っており、「安全施設設置工事」としては公共の道路上だけで無く、コンベンションシティやイオンライカムといった大型ショッピングセンターにて「白線」や「車止めブロック」「路面へのペイント」を施工するなどの実績があります。また、土木部門では県内で特Aランクに位置づけられており、近年では、沖縄都市モノレールの橋脚を前田地区に施工するなどの実績も積んできました。

とくに、安全施設設置工事の「すべり止め舗装」は、車社会と呼ばれる沖縄、雨の日などアスファルトに琉球石灰岩を使用している事から、路面が滑りやすい環境にあり、県内でとても必要とされている工事となっています。
道路維持管理業務では、地域の皆さまが、当たり前のように安全・安心して暮らせるように、国・県・市町村道にて日々のメンテナンスを行っております。

昭和48年から続くオパスブランドと今まで積み重ねてきた信用をもとに、これからも皆様の生活を支える、縁の下の力持ちでありたいと思います。

私たちのビジョン

私たちのビジョン イメージ1
身近な危険箇所を、事前に解決しています。
私たちのビジョン イメージ2
現場で鍛えてきた職人たちが、私たちの財産です。

-自然との調和・環境との共生を目指す企業に-
私たち、オパスは沖縄に住む人たちが地域と寄り添えるように、「公共福祉に奉仕する」ことを目標に活動しています。県や市町村などの行政だけでは、地域にあるささいな困りごとを全て解決することは難しい事だと思います。その代わり、私たちがその間に入り、街や社会全体の維持管理を行うことで、それらの事を業務補完してきました。

道路沿いの草刈りや枯れ木の伐採、白線が消えかかっているなど、身の回りには危険箇所発生の可能性がたくさんあります。担当地区にてパトロールや聞き取りを行いながら、お互いに自然との共生ができるよう、地方公共団体に提案をしています。

-高品質を重視した工事設計-
私たちが関わる仕事は、沖縄に住む人たちのライフスタイルに直結します。定期的に道路清掃や維持管理を行い、道路環境の質をあげることこそ、未来まで続く生活のインフラを支えることにつながります。

ロボットや効率性が重視されがちな世の中で、人のために人にしかできないことを愚直に取り組むことも、オパスにとって大事な使命です。

私たちのスタイル

私たちのスタイル イメージ1
社内教育が充実しているから、未経験でも安心!
私たちのスタイル イメージ2
当社ならではの技術が、後輩にも受け継がれています。

当社は、熟練した技術を持つ社員が在籍するなど、昔からの伝統が色濃く残っています。工事現場では、技術の他に経験が重要な役割を持ちます。創業45年目を迎える当社が培ってきたノウハウ、先輩社員の技術を後輩に伝えていく社風こそ強みだと思います。

社員一人ひとりのキャリアプランにも柔軟に対応しています。各種資格手当を用意して、作業員から現場管理、リーダーといった未来を描けること、また大規模施設の工事を担当することも夢ではありません。

【資格手当】
・資格試験の受験料免除(試験合格のかた)
・資格試験の受験料半分免除(試験不合格のかた)
・資格試験の取得にかかる塾経費免除(試験合格のかた)

【資格保有者】
1級土木施工管理技士 28名
2級土木施工管理技士 23名
2級建設機械施工技士 8名
1級造園施工管理技士 4名
路面標示施工技能士 20名
産業洗浄技能士 9名
大型自動車運転免許 25名
など、工事や維持管理に必要になる資格を多数の方が保有しています。

会社情報

会社名
オパス株式会社
本社

沖縄県浦添市前田3-3-2

設立
1972年01月
資本金
3,090万円
代表者
代表取締役 與那嶺健和
従業員数
130名 (男性9 : 女性1)
事業内容
交通安全施設工事
橋梁製品
法面保護工事
産業廃棄物中間処理業務
路面清掃及維持管理業務
土木工事全般
売上高
170,000万円
沿革
昭和47年 創業
昭和50年 建設業の登録をする
昭和53年 7月 交通方法変更工事(730)に参画
昭和53年 9月 交通方法変更工事の遂行により沖縄県警察本部長より感謝状授賞
昭和53年 12月 増資をして資本金1,030万円とする
昭和55年 1月 北部営業所建設
昭和57年 7月 宜野湾市嘉数に事業本部を設置
昭和61年 1月 国道58号名護バイパス工事の施工に伴い沖縄総合事務局北部国道
事務所長より感謝状授賞
昭和62年 国体関連工事に参画
昭和63年 増資をして資本金3,090万円とする
平成元年 6月 すべり止め舗装工事の普及に貢献し樹脂舗装協会より表彰される
平成2年3月 特定建設業の許可を受ける
平成4年7月 沖縄総合事務局より優良業者として表彰される
平成5年4月 浦添市前田に本社社屋建設
平成5年5月 沖縄器材(株)からオパス(株)に社名変更
平成7年8月 (社)日本道路協会より道路事業への貢献により表彰
平成11年6月 樹脂舗装技術協会より表彰
平成11年10月 リサイクル推進協議会より表彰
平成11年10月 産業廃棄物中間処理業開始
平成15年7月 北部国道事務所より北部国道路面清掃工事について表彰される
平成16年全国産業廃棄物連合会より地方優良事業所表彰される
平成25年7月 北部国道事務所より所管優良業者として表彰される
平成25年12月 平成22年度に施工した交通安全対策施設工事において優秀建設工事
業者として浦添市より表彰される
平成26年5月 沖縄県土木建築部の発注工事において、優良建設業者として中部土木
事務所長より表彰される。
平成26年5月 建設業発展への貢献について全国建設業協会より表彰される
平成28年2月 中城村社会福祉共同募金運動への長年の寄贈について中城村より表彰
される
平成29年1月 西原町の人材育成事業への寄贈について西原町より表彰される
平成29年3月 福祉事業功労者として浦添市社会福祉協議会から表彰される
関連業界
URL
http://www.opus-okinawa.co.jp/

オパス株式会社のアンテナレベル