メイン
会社ロゴ

株式会社大川

私たちがやっていること

私たちがやっていること イメージ1
THE GRACEでは、国内外の上質な家具をプロがトータルでコーディネート。
私たちがやっていること イメージ2
maxplusは日常に彩りを与えることがコンセプト。豊富な品揃えでショッピング自体をわくわくするものに。

創業56年を迎え、今なお新たな展開を続ける
株式会社大川には現在大きく分けて3つの業態があります。

======================
「店舗」(第一営業本部)
======================


インテリアコーディネーターが常駐。国内外の一流ブランドの家具から
オーダーカーテンまで、上質な暮らしをデザインする、
住空間のトータルソリューション「THE GRACE」。
-------------------------------------------------
バイヤーが日本全国から買い付けてきたこだわりの家具と雑貨で
暮らしに楽しさや彩りをプラスする「maxplus」。
古島店は3階建ての店舗で都市型ライフスタイルを追求。
スクエア泡瀬店は、1200坪の広々とした店内で
郊外型のライフスタイルを提案。
-------------------------------------------------
今日買って、今日から使える。国内外の家具生産の現場を周り
流通から外れた商品を厳選してアウトレット価格で提供する「TODAY O!K」。
-------------------------------------------------
ご自宅にある不要家具を回収し、プロによるメンテンスの上
店舗で販売する中古家具代行販売の「ReOK」。
-------------------------------------------------

リサイクル品から世界のブランド家具まで。
スクエア泡瀬はひとつの敷地内で、幅広いターゲット層を
狙い撃ちするコンプレックス型の店舗展開をしております。



======================
「外商」(第二営業本部)
======================
2016年からスタートした「happy minutes」は、これまで外部委託だった配送業務を
自社でおこないお客様が購入された家具やカーテンの配達や設置、アフターフォロー、
中古家具を委託販売される際の回収など、お客様のお宅に伺うことで見えてくる
あらゆるニーズにお答えします。

また便利サービスのプロ集団「Benry」との提携で、
年配世代のご家庭でのちょっとした力仕事など、
お客様の「困った」を解決するため最善を尽くしています。

======================
「B to B」
======================
「CONTRACT」ではホテルや飲食店、映画館など商業施設の
インテリアの提案や、オリジナル家具のプロデュースなども行っています。


家具というのは一度買ったら何年も使うもの。
家具販売を基軸に、それに付随した様々な事業展開で
お客様の生活空間全てを彩る企業として常に新しい風を起こし
新しい購買層の取り込みも積極的に行っています。

私たちのビジョン

私たちのビジョン イメージ1
常務取締役外間いち子。自社のことを語りだすと止まらない、大川愛に溢れた頼れる上司
私たちのビジョン イメージ2
従来の大川家具の流れを組んでいるのがGRACE。

「沖縄に暮らすひとりひとりが豊かになる暮らしを
共に考え共に創り上げる」

豊かさとは何か。それは時代と共に変わり続けるものです。

「たくさんものを持つこと」が豊かさであった時代は終わり、
「自分らしい空間で、自分らしい充実した時間を過ごすこと」
が豊かであると時代はシフトしています。

大型になればなるほど、一度買ったら何年も使う家具。
だからこそ、本当に使いやすく満足のいくものであって欲しい。
THE GRACEでは、インテリアコーディネーターがご自宅に伺い、
採寸から設置まで責任を持って行うことで家具が暮らしに与える
付加価値をより大きなものにするよう努めています。

ターゲットを「沖縄で暮らす人」に絞ることで、
単純に時代やお客様のニーズに合った商品を提供するだけではなく、
お客様の暮らしに何が必要で、何が不要かまでを洞察することが出来るのです。
家具の循環(リサイクル)にも積極的に取り組むことで、
暮らしに新しい風を吹き込むお手伝いもしています。

株式会社大川は、今年で創業56周年。
家具販売店からスタートし、生活雑貨、リサイクル、
ホテル・店舗のインテリアプランニングの他、
介護・福祉用品のレンタルや住宅の改修まで、
家具から派生する様々な「沖縄の皆さまの暮らし」に関わり
成長し続けていきたいと考えています。

私たちのスタイル

私たちのスタイル イメージ1
一部会社負担のワンコインランチが食べられる社員食堂や無料で使えるマッサージチェア、スポーツジムが格安で利用できるなど待遇面も充実
私たちのスタイル イメージ2
トータルのコーディネートを提案するには、売り場同士の連携も大切!

株式会社大川では、ES&CS推進室を設置。

ES(Employee Satisfaction「従業員の満足」)がなくては
CS(Customer Satisfaction「お客様満足」)はありません。

雇用者・従業員がお互い何を求め、何を考えて仕事をしているか知るため、
社長を交えた懇親会や朝食会などを定期的に開き、
膝を交えて語り合う機会を作っています。
議論を重ねるミーティングも大切ですが、フランクに話し合える場もあるからこそ
お客様の一番近くにいる現場の声を吸い上げ、
新しいアイデアを形にすることが出来るのです。

また、大川では「働きやすさ」を大切にしています。
インテリアや雑貨の販売には女性目線がとても大切です。
特に出産や子育てなど様々な経験を積んだ方の意見は、大川にとって欠かせないもの。
残業はほとんどないため、子育てをしながら生き生きと働くスタッフも多くいます。
それは売り場スタッフだけでなく、インテリアコーディネーターなどの専門職であっても同じ。
有資格者のインテリアコーディネーターは現在3名在籍しているため、
一人で負担を抱えることなくスタッフ同士で助け合い、
急なトラブルがあって誰かが早退することがあっても、
業務では高いクオリティを保つことが可能です。
それでもまだ足りません。
大川が今後も成長していくには更に多くの方の力が必要です。

会社情報

会社名
株式会社大川
本社

沖縄県沖縄市与儀3-20-1

設立
1969年12月
資本金
4,575万円
代表者
代表取締役 外間 幸一
従業員数
206名 (男性4 : 女性6)
事業内容
ホームファニシング(店舗運営)事業
コントラクト事業
住宅リフォーム事業
リサイクル事業
配送・運搬事業
福祉用具販売事業
沿革
1961年5月(昭和36年)那覇市安里にて個人経営の家具販売業を開設。
店名「大川家具」

1980年(昭和55年)輸入貿易開始

1983年8月(昭和58年)生活雑貨の「ZOO」開店(1985年4月閉店)

1983年10月(昭和58年)倉庫バーゲンセンター「POW POW」開店(1992年8月閉店)

1984年12月(昭和59年)「ビビホームオオカワ 那覇店」開店

1984年12月(昭和59年)「ヤマハ家具ショップ」開店(1993年3月閉店)
1985年4月(昭和60年)生活雑貨の店「ママイクコ沖縄店」開店(1992年9月閉店)

1988年12月(昭和63年)「民族工房」「コーラベル」「ママイクコ那覇店」3店舗を沖縄市中央パークアベニュー通りに 開店 (1991年8月 閉店)

1989年12月(平成元年)輸入ショップ「NAHA-BI」開店(1996年3月 閉店)

1993年 4月 (平成5年)創業地の「本店」を「国際通り本店」へ改名 「ビビホームオオカワ那覇店」を売り場面積800坪~1200坪へ増

1994年 12月 (平成6年)「ビビホーム中部店」開設

1997年 4月 (平成9年) 「ビビホーム中部店」を「Furniture To Go O!K」へ改名

1998年 9月 (平成10年)「ビビホーム那覇店」を「Furniture MAX大川家具」へ改名

2002年 8月 (平成14年) 「国際通り本店」跡地を「COMO CONCEPT」に改名して開設

2004年 12月 (平成16年)「COMO CAFE」を「うちゆくい」として琉球スタイルCafe&Living Barのコンセプトでリニューアル

2006年 6月 (平成18年)古島の「ファニチャーマックス大川家具」から「maxplus」へリニューアル

2008年 7月 (平成20年)1997年にオープンした「Furniture To Go O!K」を「TODAY O!K」としてリニューアル

2008年 8月 (平成20年) Furniture To Go O!Kの敷地を拡大してインテリア3業態が集まった日本最大級のインテリアショッピングエリア
「Living Design SQUARE awase」(リビング・デザイン・スクエア 泡瀬)をオープン

2009年 8月 (平成21年) 「Living Design SQUARE awase」(リビング・デザイン・スクエア 泡瀬) 一周年 Thanks Saleを開催。同年、11月6日に中古家具の委託販売事業「ReOK」をスタート。

2010年 7月 (平成22年) 7月26日九州でも最大級の店舗面積と品揃えで「介護ショップ 助さん・たくさん」開業。

2014年 (平成26年) ベンリーと業務提携を開始
家具やインテリアといったカテゴリはもとより、さらに幅広い視点で、いつもご来店していただいている皆さまに、より快適な暮らしをご提案できないか考えた私たちは、フランチャイズチェーンであるベンリーと業務提携を開始。厳しい研修を受けたサービスのプロフェッショナルが、暮らしのさらに深くまで踏み込んだサービスをご提供し豊かな暮らしのサポートをスタートしました。

2016年 (平成28年) happy minutes(外商サービス)開始
創業55周年を迎え、時代のニーズの変化に対応するため、配送やお客様のご自宅を訪問して行なう外商サービスを充実させています。会社を飛び出しこちらからお伺いすることで得られるお客様の声をヒントとし、時代の価値をいち早く取り入れる流れを構築。より寄り添った、スピーディーな対応を目指すことで「沖縄に暮らすひとりひとり」が豊かになる暮らしを、共に考え共に創りあげてまいります。
関連業界
URL
http://o-kawa.jp/

株式会社大川のアンテナレベル