メイン
会社ロゴ

沖縄製粉株式会社

私たちがやっていること

私たちがやっていること イメージ1
心を込めた商品づくりで沖縄に貢献しています
私たちがやっていること イメージ2
疑問や不安があれば気軽にご連絡ください

~ 「お母さんの味~♪手作りの味~♪」のTVCMでお馴染みの沖縄製粉です! ~

1955年、戦後の混乱期に創業した沖縄製粉は、「沖縄県民への食の安定供給」をテーマに掲げ、
以来64年にわたり沖縄食品製造業のフロントランナーとして走り続けています。

県内唯一の製粉会社として、
「羽衣」の商品名で親しまれる薄力粉をはじめとした小麦粉類や、
「サーターアンダギーミックス」などで親しまれるミックス粉、
「龍頭そうめんや沖縄そば」に代表される乾麺、
「アクアクララ」の名称で販売される飲料水など、多彩な商品ラインナップで
沖縄の豊かな食生活創造に貢献しています。

また、TOMITONに店舗を構えるベーカリーショップ
「Smile&happy factory(スマイル&ハッピーファクトリー)」では、
焼きたての美味しいパンを地域の人々に提供するほか、牧志や那覇OPAに店舗を構える
「BALL DONUT PARK(ボールドーナツパーク)」では食の楽しみのみならず、
今までにない魅力的な空間を含めた新たな価値を提案。

一方、自社商品を含めた沖縄の魅力的製品や農産物を県外、海外へ紹介するなど
県内外・国内外に幅広く視野を広げ、さらなる可能性を模索し続けています。

私たちのビジョン

私たちのビジョン イメージ1
日々製造される商品の数が、沖縄製粉への信頼の証
私たちのビジョン イメージ2
那覇市通堂町に本社を構える沖縄製粉本社

~ 食を通じて、笑顔をお届けする ~

創業より64期を迎えた2018年、新たなコーポレートメッセージである
「食を通じ笑顔をお届けする」を策定。
創業の原点に立ち返り、社員一丸となって人々に笑顔を届けて参ります。

サービスや商品を提供する我々が、「こうあるべき」という固定概念に囚われることなく
蓄積されたノウハウをもとに新たな商品やサービスをリビルド。
沖縄製粉、取引先であるクライアント、消費者の皆様まで、全員が共に喜べる
「ウィンウィン」の関係に繋げます。

一方、人材育成にも力を入れており、入社後の早い段階から
積極的にチャレンジしてもらえる環境を用意。
失敗をマイナスに捉えず、いかに次回に活かせるかを学ぶことで
体験的な知識・経験を身に付け広く社会に貢献できる
ビジネスパーソン作りにも力をいれていきます。

私たちのスタイル

私たちのスタイル イメージ1
共にお仕事できる日を楽しみにしています
私たちのスタイル イメージ2
定期的に開催される社内イベントや懇親会

~ 働きやすく、成長できる環境がここに ~

新卒と中途をバランスよく採用することで
さまざまな年齢、知識、経験をもったスタッフが集まる沖縄製粉。

創業64年の老舗企業というイメージからは想像もできないアットホームで
和やかな雰囲気が魅力です。
正社員はもちろん、契約社員やパート、アルバイトに至るまで
20年、30年と、長期にわたって働いてくれる方が多いことからも
その居心地の良さがご理解いただけると思います。

会社の創立記念に全員にホールケーキ、バースデーには図書カードが
プレゼントされるなど、ちょっと嬉しいサプライズも。
自社商品の社員販売や、BALL DONUT PARKの割引もプライベートで大活躍!
ボーリング大会やBBQ、新年会といった懇親会や、
社内インスタ企画などスタッフ間のコミュニケーションUPにも取り組んでいます。

一方、一人ひとりのステップアップにも力を入れており、
本人の希望やスキルに応じて、アルバイトやパートから正社員に登用することもしばしば。
必要に応じ、資格取得のサポートや研修実施など、成長の機会を豊富に用意しています。

会社情報

会社名
沖縄製粉株式会社
本社

沖縄県那覇市通堂町1-1

設立
1955年10月
資本金
10,000万円
代表者
代表取締役社長 竹内一郎
従業員数
178名
事業内容
小麦粉・ふすまの製造、販売
乾麺の製造、販売
健康食品及びその他食品の開発と製造、販売
一般食品の仕入れ、販売
ボトルドウォーターの製造
プレミックスの製造、販売
沿革
1955年 10月27日 沖縄製粉株式会社創立(商業登記完了)
1956年 製粉工場操業開始(日産能力60トン)
1957年 マッカーサー駐日大使、米国民政府長官レムニッツァー大将工場視察
1958年 工場設備18トン増設、日産能力78トンへ
1963年 QM(米軍調達部)へ試販小麦粉の売買契約締結、軍納入粉初出荷
1964年 コンクリート原麦サイロ完成(7,690トン)
米国小麦連合会よりキッチンカー譲受(翌年から県内各地で料理講習会を実施)
1965年 自動小袋詰機械(ゼネラルパッカー社製)の設置
1966年 創立10周年記念式典・祝賀会開催
1967年 第二工場完成(日産能力36トン)
1968年 第一工場、第二工場製粉ライン統合、日産能力160トンへ
1969年 ミックス粉製造機械設備を新設
1972年 本土復帰へ伴い、軍納粉の生産廃止
学校給食用小麦粉の生産開始
ふすま専増産制度適用、「増産ふすま」生産開始
1973年 製粉機械増設により、製粉工場日産能力200.2トンへ
1976年 自動小袋詰角底機械(ゼネラルパッカー社製)の導入
1977年 鋼板製原麦サイロ竣工(7,968トン)、新旧合わせて15,658トンの原麦サイロの完備
1983年 小麦粉加工食品の研究施設サービスセンター新設
1985年 小麦粉サイロ完成(当時950トン、現在1,116トン)
1987年 ロール機2台、ピューリファイヤー3台、シフター3台をビューラー・ミヤグ社製に更新
1988年 ロール機5台ビューラー・ミヤグ社製に更新
1991年 自動小袋詰角底機械更新
1996年 創立40周年記念誌「アジア麵食の道」発行
1997年 乾麺工場設備工事完了、手延べそうめん生産開始
1999年 精選機械一式をビューラー社製に更新
2000年 株式会社麸久寿(製麩工場)設立
2003年 アクアクララ工場完成、アクアクララ製造開始
2004年 特産流通事業部の新工場竣工
創立50周年特別企画「沖縄のお菓子(全23回)」沖縄タイムス社掲載
2005年 業務用ミックス粉生産ライン移設
2007年 ふすま用袋詰機の更新及び口封機新設
2008年 ロボットパレタイザーを導入
2009年 保税蔵置場の資格登録
2010年 家庭用ミックス生産ライン・ウコン製品生産ラインへX線異物検出装置を導入
創立55周年記念「沖縄の食文化」発行
2011年 日本健康・栄養食品協会より健康補助食品GMP認定取得(特産流通事業部)
2013年 小麦粉及び小麦粉関連製品(ミックス粉)製造に関するISO22000:2005認証取得
ベーカリーショップ「smile factory(スマイルファクトリー)オープン」
2014年 ドーナツカフェ「BALL DONUT PARK(ボールドーナツパーク)」オープン
関連会社
株式会社麸久寿
有限会社木原商会
日新産業株式会社
株式会社南国食楽Zu
関連業界
URL
http://www.okifun.com/index.jsp

沖縄製粉株式会社のアンテナレベル