メイン
会社ロゴ

株式会社沖縄メディコ

私たちがやっていること

私たちがやっていること イメージ1
浦添市勢理客に本社を構える沖縄メディコ
私たちがやっていること イメージ2
沖縄の医療や福祉を陰ながら支えて参りました

昭和48年の創業以来、沖縄メディコは医療機器の総合商社として
沖縄の命の現場を陰ながら支えて参りました。

日進月歩で成長を続ける医療の現場にあって、ドクターをはじめとした
医療従事者をサポートする最先端の医療機器の販売や保守管理、
必要な時に必要な物を必要なタイミングで供給する医療材料など、
わたしたちの扱う商品は「単なるモノ」にとどまらず、人々の命を守り、支え、育むもの。
高い責任と誇りを胸に取り組んでいます。


また現在では、大学病院や大病院にスタッフを派遣し、
医療材料などの物品管理を担うことでストックの過不足を防ぎ、
貴重な人材資源を本来向かうべき医療行為に専念いただくほか、
病院や介護施設などの開業支援を行うなど、
医療関連業務のコンサルティングにも力を入れています。


一方、喫緊の課題である福祉・介護分野においても、大人用おむつや車いす、
歩行器など利用者にとって安全で快適な生活に欠かせない商品のみならず、
移動用リフトといった介護者の負担を軽減するものまで、幅広い商品ラインナップで
超高齢社会の一助となれる存在を目指しています。

私たちのビジョン

私たちのビジョン イメージ1
決してミスの許されない高い責任とやりがい
私たちのビジョン イメージ2
いざという時、頼りにされる存在としての自覚

創業より40余年。私たちが見据える未来は「100年企業」です。

変化や進化の激しいこの業界にあって、リーディングカンパニーとしての自覚を持ち、
医療従事者や患者様の視点でビジネスを推し進めることで常に選ばれる存在でありつづけること。ひいては、現在80億円を誇る売上を4年後に100億円へとボリュームアップできるよう、
高い目標を掲げて歩んで参ります。


また、沖縄の医療を陰で支える企業としての重責を全うできるよう、
中部営業所を中部支店へと拡大する計画を進めています。
浦添本社に偏重していた業務機能や商品ストックを二拠点体制として分散させ、
災害発生時などのリスクヘッジを利かせることで安定的な商品供給を果たします。


一方、自由闊達に意見が交わせる社内環境づくりにも力を入れており、
新規ビジネスへの進出といった重要案件も社員発信でスタートできるような社風です。
2015年から開始した「おそうじ本舗」事業も、多忙を極める医療従事者の生活を
目の当たりにした現場スタッフからの発信。

沖縄メディコを真の意味で自分ゴトとして捉え、考え、悩み、共に成長してくれるスタッフへと
成長してもらえるよう、全社をあげてバックアップして参ります。

私たちのスタイル

私たちのスタイル イメージ1
頑張り方は一つじゃない!多彩な評価制度を用意
私たちのスタイル イメージ2
沖縄メディコの朝の定番風景「肩もみの輪」

当社は、スタッフ一人ひとりが働きがいを感じ、キャリアやスキルを磨き上げられるよう
人材育成や職場環境の改善に努めており、沖縄県人材育成企業にも認証されています。

人生の大部分を過ごす会社は、楽しい場でなければならない。
会社も社員も一緒に年齢を重ね、良し悪しも共有する家族のような存在であると沖縄メディコは
考え、「大家族主義」を人材育成の柱に据えてスタッフ一人ひとりの確かな成長を期しています。


自分の指定座席がなく、その日の気分や仕事内容によって座るデスクを選ぶフリーアドレスの
スタイルを採用しており、通常の業務ではなかなかコミュニケーションの取りづらいスタッフ同士が膝をつき合わせて働くことが可能です。
その成果もあり、スタッフ間の風通しも良く、ちょっとした困りごとが発生すると、
おせっかいにすら感じるレベルで周りのサポートが次々とやってくるほど。


朝礼については一日の始業を告げる場ではなく、スタッフのコミュニケーションの場として捉え、全員が輪になって互いの肩を揉み合うのも日常の風景。
朝の体操実施も30年を超え、これからも変わらず続けて参ります。


毎週木曜日には各分野に明るい先輩社員が講師となるモーニングセミナーが行われ、
経験と勉強によって身に付けた知識が、次代の沖縄メディコを形づくる後進たちへと継承。
現在の本社社屋建設に際しても、現場で働くスタッフの要望や改善を受けて建築・設計に
反映させるなど、100年企業に向けた準備は万端です。


業務以外でも、気の合うスタッフ同士で休日に出掛けたり、家族も交えたビーチパーティーが
会社主催で開催されたりと、仕事のみに終始することのない「一生の仲間」にも出逢えます。

会社情報

会社名
株式会社沖縄メディコ
本社

沖縄県浦添市勢理客3-3-11

設立
1973年06月
資本金
2,320万円
代表者
代表取締役社長 宮城辰也
従業員数
115名
事業内容
医療事業
福祉・介護事業
開業支援
SPDシステム
その他
売上高
740,000万円
沿革
1973年(昭和48年)
株式会社沖縄メディコ設立
1974年(昭和49年)
本社を那覇市久茂地に移転
1980年(昭和55年)
本社ビルを那覇市安謝に新築移転
1998年(平成10年)
3事業部制、独立採算制開始
2002年(平成14年)
経営理念策定
2004年(平成16年)
子会社 株式会社シーメッド設立
2006年(平成18年)
北部営業所を名護市宇茂佐に設立
2007年(平成19年)
本社ビルを浦添市勢理客に新築移転
2012年(平成24年)
会社ロゴマークを刷新
2013年(平成25年)
持株会社 OMCホールディングス設立
2014年(平成26年)
おそうじ本舗FC契約
2015年(平成27年)
沖縄県人材育成企業認証制度認定
2016年(平成28年)
中部営業所を沖縄市登川に設立
関連会社
(株)シーメッド
関連業界
URL
http://www.okinawa-medico.com/

株式会社沖縄メディコのアンテナレベル