メイン
会社ロゴ

株式会社青い海

私たちがやっていること

私たちがやっていること イメージ1
私たちの会社は、糸満市の海に面する場所にあります。
私たちがやっていること イメージ2
美しい沖縄の海から生まれたお塩は、県内外で人気です。

昭和48年より“沖縄県内初の塩製造メーカー”として歴史を重ねた私たちは、
食塩、にがり、混合香辛料、砂糖といった食料品の製造・販売を行なっている会社です。

主なブランドは、輸入天日塩を使った「沖縄の塩 シママース」と
沖縄の海水のみを使用した「沖縄の海水塩 青い海」の二つ。
また、最近ではより伝統の製法に近づけた商品の発売も始めるなど、
沖縄県内外を問わず、多くの家庭にてご愛用いただいて参りました。

製塩工場は県内最大規模。安定的に生産を行うことができる基盤を持ちながら、
2km沖の海底から取水した海水を利用し、
平釜を用いた伝統的な製法を基にした工程で塩作りを行なっています。

安心・安全が保証されている商品を提供することは特に徹底しており、
その証拠に、国際認証規格であるISO22000を取得。
品質の高さが評価され、キリンビバレッジやロッテリアといった
名だたる大企業の商品に私たちの塩が使われ、世界中の人が口にしているのです。

私たちのビジョン

私たちのビジョン イメージ1
塩作りを含め、伝統ある自然食の文化を継承するという理念を持っています。
私たちのビジョン イメージ2
大手企業にも選ばれるような素晴らしいお塩を作っている、というプライドを持って仕事に取り組んでいます。

― 沖縄伝統の塩作りを残していきたい ―

当社の始まりは、「沖縄の伝統的な塩作りを絶やしてはいけない。」と
立ち上がった創設者の強い想いがきっかけでした。
豊かな海に囲まれた沖縄にある塩田では、ミネラル豊富な塩の製造が可能です。
その栄養価の高さが広く認知されたこともあり、今日までブランドを守り育ててきました。

ただし、市場の動きが激しく、そのスピードも速くなっている今日は、
何かを継続をしていくために、ただ昔のやり方を継承するのではなく、
時代に合わせて変化することが求められます。

これから、私たちは新しい技術や考えを柔軟に取り入れながら、
「原材料へのこだわり」「品質管理の徹底」そして「創設者の想い」といった
譲れないプライドはそのままに、このブランドを守り育てて参ります。

また、今後は塩作りだけに留まらず、
沖縄の食文化の継承や、沖縄県の綺麗な海を守る活動などにもさらに力を入れ、
『沖縄伝統』を残す一翼を担っていきたい、そう考えています。

私たちのスタイル

私たちのスタイル イメージ1
私たちの雇用拡大に向けた運動が評価され、沖縄県から表彰を受けたこともあります。
私たちのスタイル イメージ2
部署をこえた社員同士のコミュニケーションを図るために、毎年忘年会を開催しています。

品質管理を徹底し、さらなる品質向上には余念がない当社ですが、
それは決して簡単なことではありません。
しかしどんな逆境にも、チームとして助け合うことで幾度も乗り越えて参りました。

その際に発揮する社員のチームワークには目を見張るものがあります。

各部署での研修以外で特別に何かの講座を設けているわけではありませんが、
他人を思いやる気持ちが強く、優しい社員が自然と集まってきていると感じます。

それが、産休・育休の取得率、また復職率の高さを始め、
「働きやすい環境づくり」の要因となっているのではないでしょうか。

当社は、勤続年数が長い社員が多く、さらに再雇用を希望する社員もたくさんおり、
長く働くことができる環境が当社の一つの自慢です。

また、定期的に意見交換の場も設けており、
今後はより、若手社員の意見も柔軟に取り入れていきたいと考えています。
歴史のある我が社ですが、「あっと驚く面白い福利厚生」があっても面白いかもしれません。

創業からもうすぐ50年。
100年企業を目指してこの会社と一緒に成長していきましょう。

会社情報

会社名
株式会社青い海
本社

沖縄県糸満市西崎町4-5-4

資本金
8,000万円
代表者
代表取締役社長 又吉元栄
従業員数
90名 (男性6 : 女性4)
事業内容
食塩、にがり、混合香辛料、砂糖、の食料品製造、販売
沿革
1973年4月
祖国復帰と共に消えた沖縄の塩復活のため「沖縄の青い海とマースを守る会」を結成し、これがのちに株式会社 青い海の法人設立母体となる。

1974年2月
株式会社 青い海 設立。

1974年7月
沖縄の塩の製造工場「沖縄第1号」として許可される。
関連業界
URL
http://www.aoiumi.co.jp/

株式会社青い海のアンテナレベル