メイン
会社ロゴ

久米仙酒造株式会社

私たちがやっていること

私たちがやっていること イメージ1
新たな価値を創造するチャレンジャーを募集しています(代表取締役社長:比嘉洋一)
私たちがやっていること イメージ2
国産原料にこだわった「日本泡盛」

1952年創業の久米仙酒造。
わたしたちは、60余年の歴史とは裏腹に、より成果主義で既存の枠組みに
とらわれない「ベンチャー気質」な企業を目指しています!

職人の技と技術、伝統と経験が息づく伝統文化「泡盛」を大切に守る一方、
樫樽貯蔵古酒「奴樽蔵(やったるぞう)」や国産原料にこだわり造り上げた
「日本泡盛」などの新たな商品づくりにもチャレンジしてきました。

販促にもその精神が活かされ、護得久栄昇先生とタッグを組んだ
「久米仙ゴールドローラーキャラバン」もその一つ。
スナックや居酒屋を巡り、営業と告知を同時に行うこのユニークな発想も、
実は現場社員からのアイデアなんですよ。

私たちのビジョン

私たちのビジョン イメージ1
伝統ある泡盛を丁寧に作り続けています
私たちのビジョン イメージ2
わたしたちと一緒に泡盛の魅力を伝えていきましょう

~ 伝統と革新の両輪で、沖縄が世界に誇る「泡盛」を次世代へ伝え続けていく ~

わたしたちが大切にしているキーワード、
それが「一歩進んだ泡盛づくり」です。

守るべき伝統は大切に守り、変化すべきものは常に変え続けていく。
創業以来のフロンティアスピリットは今も脈々と受け継がれており、
現状に甘んじることなく常にイノベーションを生み出しています!

SNSやブログ、県内外のイベントや物産展など久米仙酒造をより知って
いただくための情報発信を強化しながら、一緒に泡盛の可能性を
追求して参りましょう!

私たちのスタイル

私たちのスタイル イメージ1
全員が心ひとつに仕事に取り組んでいます
私たちのスタイル イメージ2
社内研修で活発な意見交換

~ アットホームな環境!短期間での昇給や昇格も~

沖縄の伝統的産業である泡盛業界であっても、アットホームが身上です!
誰もが自由に意見を述べられ、真剣に耳を傾けてもらえるのも久米仙酒造では当たり前。

また、本人の頑張りや能力次第では、数か月での昇格・昇進も可能!
未来の幹部昇格も、全員に公平にチャンスが用意されています!
実は現在の社長も製造部門出身の生え抜きなんですよ。

会社情報

会社名
久米仙酒造株式会社
本社

沖縄県那覇市仲井真155

設立
1952年11月
資本金
5,000万円
代表者
代表取締役 比嘉洋一
事業内容
琉球泡盛製造販売
売上高
100,000万円
沿革
1952年 那覇市大道に資本金US$10,000で創業
1968年 本土市場開拓のため、琉球酒販株式会社設立
1971年 酒質向上のため設備の近代化を図る
1972年 資本金を3, 050,000円に変更
1978年 泡盛業界初の卓上ボトル「久米仙グリーンボトル」を発売
販売量が飛躍的に伸びる。
業界の需要拡大に貢献する。
1985年 資本金を30,000,000円に増資
1986年 現在地(那覇市仲井真)に工場を移転し、生産量を3倍にする。
1987年 大型容器「久米仙2LITER」を発売
1989年 業界初の樫樽貯蔵泡盛「奴樽蔵(やったるぞう)」発売
樫樽貯蔵泡盛のブームを起こす
1993年 ライト感覚の泡盛「俺の酒」(九州・沖縄地区限定泡盛)を発売
1994年 中国内蒙古自治区鳥蘭浩特市に焼酎工場建設
内モンゴル・ウランホト
泡盛、焼酎、清酒の製造免許を取得する。
生産量100キロリットル/月間/44%
1995年 内モンゴル産泡盛「響天(きょうてん)」発売
1996年 WEBサイト「久米仙オンライン」開設
本格的海外進出商品 泡盛「SUNSING」をハワイで初出荷
1999年 内モンゴル産泡盛「響天古酒25度」発売
2001年 東京営業所ショールームオープン(府中伊勢丹 裏)
本場泡盛「蓬莱仙華30度」発売
2004年 11月1日泡盛の日「久米仙びんがた」発売
関連業界
URL
http://www.kumesen.co.jp/

久米仙酒造株式会社のアンテナレベル