メイン
会社ロゴ

株式会社レキオス

私たちがやっていること

私たちがやっていること イメージ1
那覇新都心の中心地に本社を構えています
私たちがやっていること イメージ2
ゆいレール「おもろまち」駅前に立つレキオスビル

みなさん、こんにちは。

株式会社レキオスに興味をお持ちいただき本当にありがとうございます。


私たちは昭和61年に家賃保証事業をスタートし、30年以上にわたって地元沖縄の住環境向上に貢献して参りました。
私たちは自らの事業を総称し「住環境支援事業」と高い誇りをもって呼んでいます。


家賃保証事業を皮切りに

入居者のさまざまなトラブルに24時間対応するホットライン事業、

土地オーナー様向けに不動産を活用した資産運用や建築・設計を請け負う不動産事業、

賃貸対象物件の付加価値アップを期した
無料インターネット導入を請け負うインターネットサービス事業、

低所得などによる経済格差解消を図ってスタートされた
格安モバイルサービス「レキオスモバイル」事業、

母子家庭や障碍者・高齢者といった社会的弱者救済のための居住サポート事業、

市町村からの委託を受けての公営住宅賃貸管理事業まで、幅広い事業展開を行っています。

私たちのビジョン

私たちのビジョン イメージ1
会議では一人ひとりの意見が大切に扱われます
私たちのビジョン イメージ2
本社には「レキモ」の窓口も併設されています

株式会社レキオスの代表である宜保文雄の口ぐせは
「子どもからお年寄りまで誰もが住みよい社会づくりを目指す」というものです。

この考え方に、私たちの事業の全てが集約されていると言っても過言ではありません。



家賃保証事業からスタートした私たちのビジネスは、
事業を通して発生する「こうしたい、こうして欲しい、こうあれば助かる」という
現場のニーズを一つひとつ汲み上げ、それらを解決してきた結果が今の姿に繋がっています。

それらはまるでパズルのようで、小さなピースを大切に集めてきたからこそ、現在では大きな絵画のようになっているのだと自負しています。


新卒採用時の話ながら、採用試験には必ず論文を課しており、
その論文のタイトルは「あなたが思う社会課題」としています。

課題があるから希望が生まれ、希望があるから
そこに至るまでの道筋が見えてくるのではないでしょうか?

私たちレキオスに集う全てのスタッフが問題意識をもち、
現状の課題をしっかりと見つめ、
その問題や課題を着実にクリアしていくことが大切だと思っています。


現在、通信事業がさらに広がりを見せており、
タクシーにおける車内広告やIOTを活用したスマートライフの実現、
医療や介護の現場におけるタブレットを活用したバイタルチェックなど、
私たちの想像をはるかに超える勢いでフィールドが広がりつつあります。

ぜひ私たちと共に、より大きな社会貢献へと強く踏み出しましょう!

私たちのスタイル

私たちのスタイル イメージ1
住まいに関するさまざまなサービスを生み出しています
私たちのスタイル イメージ2
わたしたちと一緒に頑張りましょう

私たち株式会社レキオスの社内は、とてもアットホームな雰囲気です。

代表自ら社内をまわり、全てのスタッフに声を掛けて回るのも日常の風景。社員本人はもとより、社員の両親や子どもにまで気にかけるなど、家庭的という言葉がぴったりと当てはまります。


バースデーを迎える社員がいると部課内でバースデーパーティーが行われ、
社内Facebookでパーティーの様子を共有するのも今では「お約束」。

社員有志が集まってのゴルフ同好会が自然に生まれたり、
キャンプの呼びかけですぐに30名が集まったりと、
オンオフ共に充実した時間が過ごせると自信をもっています。


一方、女性の働きやすさという点においても、紹介させてください。

不動産などに関する会社は男性社会のイメージがあるかも知れませんが、
社員の半数近くを女性が占めるなど性別にかかわらず
平等にチャンスが与えられる職場でもあります。

事実、取締役や管理職に女性が名を連ね、会社の主要なポストで頑張っています。


毎月月初に行われる朝礼では、代表から直接
会社が今向かっている方向などを聞く機会が設けられており、
毎月全社員が集まって大規模な慰労会も行われています。

会社の規模が大きくなっても、私たちのスタイルは全く変わりません。


全ては「子どもからお年寄りまで誰もが住みよい社会づくりを目指す」の
一言に込められています。

これからも不変の夢に向かい、社員一丸となって突き進んで参ります。

会社情報

会社名
株式会社レキオス
本社

沖縄県那覇市おもろまち4-19-16 レキオスビル

設立
1996年02月
資本金
14,248万円
代表者
代表取締役 宜保文雄
事業内容
リスクマネジメント事業
クオリティアップ事業
ストラテジーインベストメント事業
ビジネスコンタクトセンター
沿革
昭和61年10月 株式会社おきしん保証サービスの前身である沖縄信用保証を創業
平成08年2月 株式会社おきしん保証サービス設立(資本金12,500千円)
賃貸物件関連サポート業務を開始
平成11年6月 第三者割当増資により資本金 35,000千円に増資
平成11年8月 株式会社データサービサー沖縄設立(資本金 10,000千円)
平成12年2月 本店を 沖縄県浦添市宮城四丁目 13番1号に移転
平成14年4月 第三者割当増資により資本金 52,300千円に増資
平成14年2月 レキオス倶楽部設立。レキオス共済事業開始
平成14年12月 第三者割当増資により資本金 92,500千円に増資
平成15年4月 24時間緊急通報サービス「レキオスホットライン24」業務開始
平成15年12月 株式会社おきしん保証サービス本店を那覇市おもろまち四丁目19番16号に移転
株式会社データサービサー沖縄を那覇市おもろまち四丁目 19番16号に移転
平成16年11月 賃貸支援事業・レキオス倶楽部会員支援・サービス及び不動産賃貸管理・売買に係わる事業活動にてISO9001認証取得
平成17年9月 レキオス倶楽部不動産・建築ネットワーク事業が、沖縄県産業振興公社より事業可能性評価認定
平成17年10月 レキオスサブリース販売開始
団塊世代移住に関する研究テーマが産学官事業に採択
平成18年2月 日本証券業協会グリーンシート銘柄オーディナリー区分に指定
平成18年4月 公募増資により資本金142,480千円に増資
平成18年6月 団塊世代移住・ロングステイに関する産学官事業が採択
平成18年8月 東京スター銀行“新型リバースモーゲージ”営業業務提携
平成19年2月 家電販売コジマ(安謝店)とのタイアップにより共同購買サービスの向上
平成19年4月 那覇市障がい者自立支援協議会参加
平成19年9月 沖縄県最大のau販売ネットワークラムズグループとの提携による個人会員マーケット拡大
レキオスブロードバンド事業開始
平成19年10月 高齢者賃貸(高優賃・高専賃)支援事業開始
平成20年2月 那覇市障がい者居住支援事業スタート(委託・協定)
平成20年4月 レキオスビジネスネットワークセミナー開始(~平成20年12月・全16回)
平成20年5月 「株式会社レキオス」に社名を変更
平成20年6月 沖縄県内初の小額短期保険会社「レキオス小額短期保険株式会社」設立
関連会社
レキオス少額短期保険株式会社
株式会社データサービサー沖縄
株式会社レキオスホーム
株式会社レキオスホールディングス
関連業界
URL
http://www.lequios.co.jp/

株式会社レキオスのアンテナレベル